ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

消えた「ミスター○○」
“チームの顔”が今の球団に見当たらないのはなぜか

相沢光一 [スポーツライター]
【第198回】 2012年4月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

原巨人vs中畑DeNAに思う
「ミスター○○」の不在

 原巨人vs中畑DeNAの元同僚の監督対決、第1ラウンドは1勝1敗と星を分けた。

 現在の順位では5位と6位の対戦だが、大補強をしてリーグナンバー1の戦力を誇る巨人と、4年連続ダントツの最下位のうえ、これといった補強もなく今季を迎えた横浜DeNA。多くの人が巨人の圧勝を予想したはずだ。実際、初戦はその通りの試合展開になり、巨人が6-0で危なげなく勝った。

 が、雨天中止をはさんで行われた2戦目はDeNAが意地を見せる。戦力的に劣るDeNAが巨人に勝つには投手陣が踏ん張ってロースコアの試合を作り、少ないチャンスを得点に結びつけるしかないが、この日のDeNAはそれを実践。1-1で延長戦に持ち込み、中村紀洋の劇的なサヨナラ本塁打で勝利した。

 今季のDeNAの役割は、このような形で格上のチームに対しても決して諦めず、粘り強く戦う姿勢を見せることだろう。こんな試合を続ければ、たとえ負けが込んでも共感し応援しようと思う人は増えるはずだ。その意味で中畑新監督はよくやっているといえる。

 ところでこの初戦を、原・中畑両監督が慕う長嶋茂雄氏が観戦に訪れた。長嶋氏は巨人の終身名誉監督。立場上、巨人の勝利を願っていただろうが、中畑監督も04年アテネ五輪の日本代表をともに指導し、病に倒れた後はチームを引き継いでくれた(本大会では銅メダルを獲得)愛すべき弟子。中畑監督が喜ぶ姿を見たいという思いもあり、複雑な心境だったはずだ。

 この試合を見ていて、ふと思ったことがある。最近は「ミスター○○」と呼ばれるような選手が見当たらなくなったということだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧