ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵 ダボス会議報告

竹中平蔵 ダボス会議報告(動画)
「評価された麻生首相の反保護主義演説」

【第1回】 2009年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー

世界の政財界トップがスイスのダボスに集い、国際情勢を議論する世界経済フォーラムが1月28日から5日間の日程で開かれた。その中身を、出席した竹中平蔵・慶応大学教授が分析する。同氏いわく、参加者たちの様子は新聞報道にあるような悲観一色ではなく、また反保護主義を打ち出した麻生首相の演説も高く評価されていたという。

竹中平蔵(慶応大学教授・グローバルセキュリティ研究所長)
1951年和歌山県和歌山市生まれ。一橋大学経済学部卒。日本開発銀行などを経て慶大教授に就任。2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣。02年経済財政政策担当大臣を兼務。04年参議院議員当選。05年総務大臣・郵政民営化担当大臣。

この動画は、チーム・ポリシーウォッチ提供によるものです。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


竹中平蔵 ダボス会議報告

世界の政財界トップがスイス・ダボスに集い、国際情勢を議論する世界経済フォーラムが1月下旬から2月初旬にかけて開かれた。その中身を、出席者の竹中平蔵・慶応大学教授が分析する。

「竹中平蔵 ダボス会議報告」

⇒バックナンバー一覧