橘玲の世界投資見聞録 2018年6月15日

デンマークという高度化した福祉国家の徹底した「権力のコスパ」政策
[橘玲の世界投資見聞録]

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン 配信中

 「自分の人生を自由に選択できない社会では、自己責任を問うことはできない」

 おそらくすべてのひとがこの原則に同意するだろう。「奴隷が幸福になれないのは自己責任だ」などというひとは、すくなくともいまのリベラル化した社会には居場所がない。

 だとすれば、論理的にはこの原則を逆にして、「人生を自由に選択できる社会では自己責任を問われることになる」はずだ。

 「自己決定権」を最大限重視する北欧の国で「自己責任」はどのようになっているのだろうか。それを知るために参考にしたのが鈴木優美氏の『デンマークの光と影 福祉社会とネオリベラリズム』だ。

[参考記事]
●懲罰的な意味合いの強い日本と違う幸福度世界第3位のデンマークの「自己責任」論

 『デンマークの光と影』は2010年の発売だが、ほとんど知られていない「世界でもっとも幸福な国」の内側を在住者の視点で観察したとても興味深い本なので、今回はいまの日本にとって示唆的な箇所を紹介してみたい。

コペンハーゲン。セブンイレブンの上にTOKYO RESTAURANT (Photo:ⒸAlt Invest Com)

 

いまや国家の存在意義は「国民の幸福度を最大化すること」

 デンマークが「世界幸福度ランキング」をはじめとするさまざまな指標で常に上位にいるのは、「西欧中心主義」だとか、自分たち(ヨーロッパ系白人)の価値観を基準にしているからではない(そういう影響もすこしはあるかもしれないが)。北欧の社会制度はやはり「進んでいる」し、それは今後、日本が目指すべきものだということを最初に確認しておこう。

 デンマーク社会の根本にある思想を、鈴木氏は「最終的な福祉の責任を国が負っているため、国が国民を助ける動機づけがあること」だという。

 他人の人生に対してなんの責任も負わないならば、よほど奇特な善人でもないかぎり、そのひとのためになにかしようとは思わないだろう。だがもし、そのひとが不幸になったときになんらかの損失を被るとすれば、自らの損失を最小限にしようと考えるはずだ。

 悲惨な第二次世界大戦が終わって、国家の目的は「敵」を武力で倒したり、植民地を拡大することではなくなった。残された目的は「国民の幸福」だけだ。北朝鮮など一部の例外を除き、いまや国家の存在意義は「国民の幸福度を最大化すること」にある。これが「福祉国家」で、国民は自分たちの幸福度を向上させてくれることを条件として、政治家や官僚に権力(と暴力)を移譲する。

 福祉を国家と国民の契約だとするならば、合理的な福祉国家は国民にお金をばらまくようなことはせず(そんなことをするとジンバブエやベネズエラのようなハイパーインフレになる)、最小限のコストで福祉を最大化しようとするはずだ。これが北欧の福祉国家で、ほんとうにヒドいことになる前に介入することで、権力行使のCP(コスパ)をよくしようとしているのだ。

 それを鈴木氏はこう説明する。

 「国民が苦しんでいたり、不幸だと、国の経済的負担が増える。貧困、病気、アルコール問題などで苦しんでいる人も、早く国が助けなければ、最終的に病院などの施設で莫大な公費を使って養わなくてはならない。うつ気味でも無理して頑張って、けっきょく燃え尽きてしまったら疾病手当、治療費用、職場再復帰費用などがかかるため、それよりは軽度のうちに求職してもらったほうがいい、となる。国民が健康で恵まれて、就労し、納税し、幸せな国民生活を送ること(ウェル・ビーイング)が結局、国にとっての最小のコストで済み、国の競争力と成長を伸ばす」

 日本においては、“リベラル”は福祉国家を「お母さんのように国民の面倒をみる」ことだと考え、それを保守派は「お母さんに迷惑をかけるな」と批判する。どちらにも共通するのは、国が母親のような存在になっていることだ。だがこれでは、北欧の福祉国家のリアリズムは理解できないだろう。福祉政策とはなによりも「権力のコスパ」なのだ。

 スウェーデンなどと同じくデンマークでも「中央個人登録番号」と呼ばれる国民番号ですべてが管理され、電子政府化が進んでいる。これはジョージ・オーウェル『1984』のビッグ・ブラザーと揶揄されるが、彼らは気にしない。福祉のコスパを最大化するには、個人情報を行政に集中させたほうが効率的だからだ。

 だがその代わり、情報を悪用させないような仕組みが徹底されている。それが「透明性(トランスペアレンシー)」で、誰がどの情報にアクセスしたかを利用者本人に開示するとともに、国家は権力行使の公正さを国民に説明しなければならない。日本のように行政機関が勝手に公文書を改竄・隠蔽するようなことは、国民の個人情報を独占する高度化した福祉国家ではありえないのだ。

 もうひとつ興味深いのは、すべての行政手続きに対して市民に不服申し立ての機会が保障されていることだ。これは試験の結果や判定にも適用されるから、デンマークでは国家試験や公立学校の入学試験などの成績に対して不服申し立てをすることが当たり前になっている。こうした申し立てはかつては無料だったが、案件の処理に時間がかかるため、抑止効果を狙って2010年3月から1件150クローナ(約2400円)の事務手数料を徴収することになったのだという。

コペンハーゲン。平日朝の出勤風景   (Photo:ⒸAlt Invest Com)

作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。