ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

乱気流の時代に重要なことは組織を健全
かつ堅固なものとしあるべきものを創造すること

上田惇生
【第285回】 2012年4月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
【絶版】

 「今日われわれが直面している時代について、唯一確実にいえることは、それが乱気流の時代になるということである。乱気流の時代にあっては、組織のマネジメントにとって最大の責任は、組織の構造を健全かつ堅固なものとし、打撃に耐えられるようにすることである。そして、急激な変化に適応し、機会をとらえることである」(『乱気流時代の経営』)

 ドラッカーは、中国では昔から、「せいぜいおもしろい目に遭うがいい」と悪態をつくという。人は誰でも平穏無事がいい。おもしろい目になど遭いたくない。

 ドラッカーは、今から約30年前の1980年、20世紀末ほど、このおもしろい目に遭う時代はないであろうと書いた。ところが、彼自身も認めたとおり、その後の展開は、あらゆる想像を超えて、おもしろくなる一方となった。

 今日この頃では、2~3年ごとの乱気流ではなく、月々、日々の乱気流である。もはや誇張でもなんでもなく、われわれは日々乱気流の渦中にある。「今日なにかあった?」が日常の挨拶となった。.

 情報とマネーのグローバル化によって、世界はもはや小さな村と同じである。米国という異国の低所得者向けローンの破綻が津波となって世界を襲っている。人類の歴史上、このようなことは初めてである。しかも、すでに世は、組織からなる社会である。個人が必要とし、社会が必要とする財・サービスのほとんどが組織によってつくられている。加えて、個人が生計の資を得、その能力を発揮し、社会の一員として社会に貢献する場も組織となっている。

 その組織が乱気流に翻弄されている。高度一万メートルにあって、そこに働く人たちが機外に放り出されつつある。事ここに至っては、冗談にもおもしろい目に遭えばいいなどとは言えない。

 いまやあらゆる組織が自らの構造を健全かつ堅固なものとし、機会をとらえていかなければならない。すでに得られたマネジメント上の知識を駆使して、この乱気流を乗り越えなければならない。しかも、そこにチャンスがある。

 これこそが、あらゆる組織にとって最大の社会的責任である。

 「乱気流の時代は、新しい現実を理解し、受け入れ、利用するものに対し大きな機会を与える」(『乱気流時代の経営』)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧