ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
キーパーソンが語る通貨の行方

内海孚氏が明言
「ドル安放置ならユーロも基軸通貨になる」

週刊ダイヤモンド編集部
【第3部】 2008年6月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

サブプライムショックに端を発するドル安が続けば、ドルの一極基軸通貨体制は今後どうなるのか? 元財務官の内海孚氏は、「ドル安が放置されればユーロも基軸通貨になる」と明言する。(聞き手:『週刊ダイヤモンド』 竹田孝洋)

内海孚
うつみ・まこと/1957年東京大学法学部卒業後、旧大蔵省(現財務省)入省。86年国際金融局長、89年から91年まで財務官。92年慶應義塾大学教授。2001年国際金融情報センター理事長。04年から日本格付研究所社長。(撮影:加藤昌人)

――ユーロはドルと並ぶ基軸通貨になれるのか?

 ユーロはドルに対抗しうる基軸通貨として育ってきている。ユーロ以外の欧州諸国、アフリカ諸国がユーロ圏に組み込まれつつある。金融政策をつかさどるECB(欧州中央銀行)もFRB(米連邦準備制度理事会)に劣らない信用を勝ち得ている。外貨準備や国際決済に利用される割合は、ドルが上回っているものの、ユーロの比率も上昇している。いずれ肩を並べるときがくるだろう。

――ユーロの台頭は国際通貨制度にどういう影響を与えるか?

 為替の安定にはプラスに働くと考えている。現在のドル一極通貨体制には米国に政策のタガをはめられないという欠陥がある。ブレトンウッズ体制では、ドルに対する固定相場制を採用し、米国は各国の中央銀行から請求があれば1ドル=35オンスのレートで金と交換しなければならなかった。

 そこで、米国はドルの価値を維持するために貿易収支や財政収支の赤字をふくらませないよう政策の舵取りをする必要があった。しかし1973年以降、米国はドルとの兌を停止した。ドルを金に交換する必要がなくなった米国は、自由に財政・貿易政策を採ることができるようになったのだ。その結果政策が放漫になり、財政収支、経常収支の赤字が大きく膨らんでしまった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


キーパーソンが語る通貨の行方

為替市場が動いている。基軸通貨ドルの地位低下、世界経済のリスク要因となった人民元の動向、高まるユーロの存在感、そしてアジア通貨の中での「円」の低迷──。元財務官など、キーマン4人に通貨の今後を聞いた。

「キーパーソンが語る通貨の行方」

⇒バックナンバー一覧