ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットで成功するための投資の心理学

情報が多いと人は過剰反応し、正確な判断ができない

林 康史 [立正大学経済学部教授]
【第6回】 2007年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回は、人は直観的には統計学を使わないことが多いという話を書いた。

 「Aさんに子どもが2人いるとする。うち1人は女の子であることがわかっている。残りが男の子の可能性はどうだろうか」という問いについて、予想通り、やはり「2分の1」ではないのかという“疑念”を払拭できないという知人がいた。

 人は、自分の理解しやすい例でないと納得できないもののようだ。その知人は、最後には理解してくれたのだが、ご参考までに彼が自身で考えて納得できた考え方を紹介しておこう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 やっとわかりました。つまり、今、兄弟の1人が女(姉とも妹とも言っていない)だとわかった場合、「姉:弟」「兄:妹」「姉:妹」の3パターンがある。3つのうち、男が入っているのはいくつで、それは何分のいくつかを考えると、どんなにがんばっても3分の2以外にはならない、ということですね。

 これを特に口頭で聞くと、1人は女である → 女:○であると考え、○=女あるいは男以外には解はないから2分の1と考えてしまう訳ですね。女=姉(あるいは妹)と固定して考えず、ひっくり返して、○:女 ○=男あるいは女と考えれば、女:女は重複するので、総数は3になる。でも、ひっくり返して考える前に発想が止まっていました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

云々というメールだった。

 しかし、納得がいかなければ、執拗に考え続けるということは、相場に限らず大事な習慣なのである。

「タクシー問題」の検証実験

 前回紹介した「タクシー問題」については、簡単な実験をしてみた。

 昨年から、一橋大学商学部で、「アセットマネジメント論」を講義している(2~4年生。また、他学部の学生も受講している)。講義といっても、自分での講義は少なくて、ゲストスピーカーを招いて講義していただいている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

林 康史 [立正大学経済学部教授]

大阪大学法学部卒。東京大学法学修士。メーカー・生命保険・証券投資信託・銀行で、海外営業・外国為替ディーラー・ストラテジストなどを経験した後、2005年4月から現職。投資の心理に関する著訳書多数。最新刊に、『決定版 株価・為替が読めるチャート分析』(日経ビジネス人文庫)、『バリュー投資』(日経BP社)。立正大学経済学部では、「投資入門(テクニカル分析とシステム入門)」をテーマとする公開講座を開催します(4/14、4/21、4/28。受講料は無料)。講師は林康史氏。問い合わせ先:立正大学経済学部 TEL: 03-3492-7529 E-mailメール: eco@ris.ac.jp


マーケットで成功するための投資の心理学

長年金融の実務に携わってきた著者が、相場における成功や失敗の原因を、人間の心の働きと経済の関係を研究する行動経済学の立場から解き明かす。

「マーケットで成功するための投資の心理学」

⇒バックナンバー一覧