ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special [PR]
2018年8月31日
著者・コラム紹介バックナンバー

毎月2日間の「残業デー」をなんとかしたい
大手自動車部品メーカー経理の改革

残業前提の月次処理作業にメス

 大手自動車部品メーカー東海理化の経理部を毎月、大わらわにしていた業務があった。月初の繁忙期に追い打ちをかけるように発生する、仕入れ先への支払通知書の発送作業だ。

 毎月、経理部の作業机に山積みになった支払通知書を部員が一斉に封入するという光景が繰り返されてきた。量が膨大であるばかりでなく、送付作業を短期間で行わなければならないことも大きな負担であった。

 作業を担当していた越智華奈子氏は「月次決算を締めた後、月初の5~6日に支払通知書を出力するのですが、それらを各社宛てに仕分けして封入し、発送するまでの作業を8日には終わらせる必要があります。実質2日間で約500社宛ての支払通知書を発送することとなり、この時期は担当以外の部員の手も借りて突貫で作業を行っていました」と、作業負担の大きさを振り返る。

 その一方で「大変な作業だったとはいえ、毎月2日間のことですから、作業に慣れた部員で手分けすれば何とか乗り切れてしまうという状況に甘えてきた部分もありました」と、一時の作業で終わってしまうため根本的に対策を取らなかったことも明かす。

 この状況を改善すべく、同社では帳票の電子配信システムの導入を決断する。その過程と導入効果については、下記からダウンロードできるPDF資料に詳しく書かれている。

 毎月力技でこなしていた事務的な処理に目をつぶっている本社部門のマネジャー、経営者にとって重要な気づきと対策のヒントを与えてくれるだろう。

資料ダウンロードのご案内

インフォコム「eco Deliver Express」導入事例
東海理化

仕入れ先500社への支払通知書発行
業務負荷とコストを大幅に削減

<主な内容>
・月初2日間で行う約500社への支払通知書発送が
 経理業務の大きな負担に
・使い勝手の良さとコストで
 eco Deliver Express を採用
・配信先アドレスもスムーズに収集、紙帳票を求める
 仕入れ先には郵送代行オプションで対応
・月15時間の工数削減で残業時間も短縮
 支払通知書配信で仕入れ先にもメリット
・さらなる電子化による仕入れ先業務の効率化、
 部門横断の活用も構想

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、インフォコム株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

インフォコム株式会社

サービスビジネス事業本部
コンテンツソリューション事業部

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前2-34-17

住友不動産原宿ビル

TEL:03-6866-3590




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special [PR]

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special [PR]」

⇒バックナンバー一覧