ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第21回】 2012年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

首都構想

1
nextpage

第2章

 6

 翌日、首都移転チームは定時の30分前には全員がそろっていた。

 チームを辞めて元の総務省に戻ったはずの千葉の姿もあったが、誰もなにも言わなかった。

 この部屋はすでに片付けられているが、ここと緊急対策室以外の部屋は地震のときのままだ。

 緊急対策室はどこの省庁も混乱が続いていた。特に国交省の混乱はひどくなっていた。

 都内の交通、建物、インフラの被害状況がすべて国交省に送られてくるのだ。それを官邸を含め、各省庁に伝えなければならない。

 それらは、改めて東京直下型地震が与えた被害がいかに様々な分野に及んでいたかを直視させるものだった。

 同時に、政府の災害に対する脆弱性が露呈された形だった。

 森嶋たちの首都移転チームにも人員派遣の要請があったが、意外にも村津はそのすべてを断わっているという話が聞こえてきている。

 時間ちょうどに遠山と共に現れた村津は、部屋の正面に立った。

 「このチームが結成されてすでに1週間がすぎた。先日の地震以来、政府を含め霞が関には混乱が続いている。しかし諸君はこの混乱に惑わされることなく、与えられた職務を粛々と続けてほしい」

 誰もが拍子抜けする言葉だった。そもそも、与えられた職務とは何なのだ。

 千葉が手を上げた。

 「各省庁の緊急対策室は、猫の手も借りたい状況です。我々でも戦力になります。手伝いに行かせてください」

 「人手不足はすぐに解消される。諸君はこの状況をよく見ておくんだ。我々の仕事の必要性を理解するほうが遥かに重要だ」

 「もう首都移転の必要性はないでしょう。危惧されていた地震は、すでに起こりました。東京は安全です」

 「地震ばかりが移転の理由じゃない。日本の抱えている多くの問題は、きみたちにも分かっているはずだ」

 「その解決が首都移転だとは思えません。逆に、経済的な負担で圧迫されるだけです」

 「その通りです。それに東京から首都を移すなど、1200万の都民が許すはずがありません」

 「一度たち消えたプロジェクトが、すんなり復活するとは思えません。まず、国会審議が先ではないですか」

 様々な声が飛び交い始めた。今まで押さえていた疑問と思いが一気に噴き出したのだ。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧