人は外見だろうか――? 

 残念ながら、外見である。身長が高いとか、目鼻立ちが整っていてマスクが甘いとか、身体が引き締まっているといった“見た目”は、それだけで女性の目を引くに足る。いくら男は顔じゃねえ、と叫んでみたところで無駄だ。

 何故かと言うと、男は顔じゃねえと言っているやつにかぎって顔にこだわり、顔以外の自分を磨いていないからだ。それでいて、お目々がぱっちりした美人のカワイコちゃんが好きだったりする。

 自分は男を磨かない。でも、女性は美人が好き――、これが、モテナイヤツに見られがちな傾向だ。素敵なカノジョにふさわしい男になる努力もせず、女性に近づこうとするから惨敗する。

 惨敗するのが自分でもわかっているから、ダメもとでコクッてくる、などと言って思いを打ち明け、ものの見事に玉砕する。

 モテルヤツは、モテルヤツの輪の中で自分の男を磨く。感性を磨き、話術を磨き、女性への接し方や優しさを覚え、少しずつ垢抜けていく。

 モテルヤツらは、モテるための自分磨きを十代のうちから始めているのだ。

 すると、磨きをかけてきた彼らと、何もしてこなかったやつの差は歴然としたものになる。

 そのひとつが、エレガントさだ。モテルヤツらはエレガントなのだ。

 一見して、こいつ、エレガントだな――、と思う知りあいを思い浮かべてみてほしい。ついでに、こいつはほんとに野暮ったいな、と思う知りあいも思い浮かべ、両者を比べてみるといい。

 何が違うか――?
  エレガントな人間は、全てにおいて“品”があるのだ。