ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第24回】 2012年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

植田からの誘い

1
nextpage

第2章

9

 国交省庁舎前についたときには10時近くになっていた。

 すでに電気は来ているにもかかわらず、明かりは半分ほどが消されている。

 「森嶋さんじゃないですか」

 入口を入って廊下を歩き始めたとき、背後から声をかけられた。

 振り向くと植田が立っている。

 「まだ仕事ですか」

 「ちょっと出かけてました。いま帰ったところです。植田さんこそ、こんな時間まで役所に用ですか」

 この時期なので、庁舎内にはまだ半数以上の人が残っているし、泊まり込んでいる者も多い。しかし政治家はいないだろう。大臣や副大臣、政務次官がいるとも思えない。彼らは、議員会館にいる時間の方が遥かに長い。

 植田は森嶋の問いには答えず、一瞬考えるようなそぶりを見せた。

 「一緒に来てくれないか。きみにとっても悪い話じゃない。いや、むしろ重要なことだ」

 植田の顔には今まで見せたことのない、何かを訴えるような表情が浮かんでいる。

 森嶋は思わず頷いていた。

 森嶋は植田のあとについて、たった今通ったばかりのセキュリティを戻っていった。

 役所を出てからタクシーに乗った。

 植田は運転席に身体を乗り出すようにして行き先を告げている。

 「どこに行くんですか」

 「まあ、行けば分かります」

 植田は曖昧な返事をして前方を見つめている。

 森嶋もそれ以上、聞く気になれなかった。夜の街を15分ほど走り、付いて来たことを後悔し始めたころ、タクシーは止まった。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧