ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
仕事が楽しくなる!25のルール

お客様が財布を落としたら一緒に残念がる
相手と気持ちを共有する大切さとは!?

大林伸安 [株式会社ノビテク 代表取締役]
【第8回】 2012年5月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

私を感激させた
素晴らしい窓口対応

 前に私は、無線LANの設備を買ってきて、それを自宅の中でつなげようとしたことがあります。

 しかしメカに弱い私は、説明書を見てやってはみるものの、どうやっても取り付け方がよくわかりません。何日かトライしてやってみたのですが、いっこうにダメでした。結局、仕方がないから、電話相談窓口に聞いてみることにしました。

 ところが、今度はその窓口への電話が、何度かけてもまったくつながりません。

 何度かけても、何度かけても、「ただいま電話が込み合っています」という自動応対が出てくるだけ。もう「勘弁してよ」とイライラが募ります。一時間くらい何度もトライして、やっと電話が窓口につながりました。

 つながったらもう、イライラしていた私は、半分クレームです。

 「どうしてこんなに時間がかかるんですか?」

 「本当にご迷惑をおかけして申し訳ありません」

 「こっちだって、暇なわけではないんですから。しかもお宅のシステムを買ったのに、全然動かないから電話しているんですよ」

 「本当に申し訳ありません……」

 冷静に考えてみれば、LANがつながらないのはこの会社の責任でもないのです。単に私が機械オンチなだけ。イライラしたことによる甘えがあったのでしょうが、大人気ないことでした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
仕事を面白くするのは、あなた自身だ!

新卒学生に入社後にいちばん望むことは何かと聞くと、「楽しく仕事ができること」という回答が、ここ10年以上にわたってトップである。それにもかかわらず、仕事を楽しむことができず、早期離職してしまう若者は少なくない。どうすれば仕事が楽しくできるのか。何千人もの人材育成に携わってきたプロが、仕事を楽しくするための25のゴールデンルールについて解説する。1575円(税込)

話題の記事

大林伸安 [株式会社ノビテク 代表取締役]

日本一の規模である研修プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させる。講師としても大手企業を中心に、経営幹部から新入社員まで、何万人もの研修や講演実績がある。人材の「やる気」だけではなく、「やれる気」を育てることで人材の成長を促し、組織の活性化を促進させる“やれる気請負人”。「仕事を楽しむ人材づくりと仕事を楽しくする会社づくり」をミッションステートメントとして、人材教育事業を展開する。
株式会社ノビテク

仕事が楽しくなる!25のルール

仕事をもっと楽しくしたい――。最近は、どこの会社に行っても、若手社員からこの言葉を聞かされます。「楽しい仕事」を探すのではなく、「どうすれば今現在を楽しくできるか」から考えてみてはいかがでしょうか?私の会社では「やる気」ではなく、「やれる気」を促進することを目標にしています。本連載でお伝えしたいのは、そのためのちょっとした考え方やコツです。必ず本連載が役に立つことをお約束いたします!

「仕事が楽しくなる!25のルール」

⇒バックナンバー一覧