HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

気はやさしくて胃痛持ち

数字が上がらない。視聴率に一喜一憂して
体調が悪くなったテレビ制作マン

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]
【第15回】

アルバイトをきっかけに番組制作の道へ
テレビ制作マンTさん(38歳)

 Tさんは団塊ジュニア世代。アルバイトも競争率が高く、居酒屋のホール、コンビニのレジのアルバイトでも何度も落とされた経験がある。

 当然、就職も倍率が高い。平凡な私大の平凡な成績。それほど人に自慢する経験や特技のないTさんは、多くの企業にエントリーシートを出しても面接までなかなかいくことができなかった。

 内定ももらえぬまま大学4年の夏を迎えていた。そして夏休み前にテレビ局に就職した先輩から、局が主催するイベントを手伝ってほしいという声がかかった。

 就職試験の面接のときに、何か面白いエピソードが披露できたらという思いから気軽に引き受けた。任されたのは、テレビ局の敷地内で夏休み中開催されるイベントの観客の誘導だ。朝早くから、イベント現場で走り回り、日が暮れたらバラエティ番組のディレクターである先輩のアシスタントとして編集室での作業に夜中まで付き合った。

 朝から、カメラマンと出かけたロケから帰ってきた先輩は、テープを細かくチェックして徹夜で編集作業をする。何日も準備をして、ロケも1日かけたのに、そのオンエアは3分も満たないこともあった。それでも、みんなイキイキと働いていて、その目はいつも真剣だ。

 「みんなで一つのものを作り上げている。テレビって凄い」。テレビは、見る側であり作る側ではなかった。しかし毎日みんなで過ごすうちに、ここで一生働きたいと思った。

制作会社から番組に派遣されて

 先輩に相談すると「局の募集は終わっているけれど、知り合いの制作会社に聞いてみるよ。でもテレビの世界はきついよ。体調を壊したりして1年続かない人も多い。T君はその覚悟はできている? 俺は、将来地球環境をテーマにしたドギュメンタリーを作りたいという夢があるから頑張れるけれどね」と言った。

1 2 3 >>
関連記事
このページの上へ

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

1961年生まれ。財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。広告代理店で大手私鉄の広報を担当。その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。2003 年にJ&Tプランニングを設立。代表取締役に就任。研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。


気はやさしくて胃痛持ち

失われた20年と呼ばれる日本経済。そんな長い停滞のなかをがむしゃらに、ひたむきに日々の仕事・生活を生きてきたビジネスマンたち。さまざまなストレスに耐えてきたカラダもそろそろ注意信号を出す頃。いろんな職場のいろんなビジネスマンのいろんな悩みと不調を少し悲しく少しおかしく紹介します。

「気はやさしくて胃痛持ち」

⇒バックナンバー一覧