ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

米国経済いったん減速、中期堅調
当面円高も、基調はドル優勢に

田中泰輔(ドイツ証券グローバルマクロリサーチオフィサー)
2012年5月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ドル円は2~3月に一時84円台まで上伸し、その後再び80円を割り込んだ。米金融緩和局面のドル円は米中期金利の動向に沿って動く傾向がある。そして米中期金利が上昇するときは、金利の緩慢な動きに比べて、ドル円は急な上下動を繰り返しやすい。2~3月の展開はその典型であり、米金利上昇を受けて円安に弾みがつき、そして短命に終わった。

 今回の円安に際して、日本の経常赤字化への懸念、日本銀行の一線を越えた金融緩和など、日本側の要因が円売り材料として喧伝された。しかしこれらが日本マネーの円安フローを伴う段階にはない。この局面のドル高・円安は主に投機やヘッジなどの短期マネーが米金利上昇に反応して生じる。

 米金融緩和が続く見込みの2012~13年、米中期金利はドル円相場のシグナルであり続けよう。米中期金利は経済成長が巡航ペース2.5%を超えると上向きやすい。米国経済は、08年秋の金融危機による急縮小から果敢な政策対応で持ち直し、その後はバランスシート調整に圧迫されてきた(上のグラフ参照)。しかしFRBの下支え努力のかいあって2~3%成長を確保してきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧