ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司
【第2回】 2008年9月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

お客様よりも「社長優先」!?
トップの顔色だけをうかがう残念な人たち

1
nextpage

 企業にとってもっとも大切なのは「お客様のほうをしっかりと見ていること」だとよく言われる。でもそのことを、目の前の保身(社長の顔色?)にとらわれて、忘れてしまいがちなのは残念なことだ。

 お客様(企業にとってはお得意先も大切なお客様には違いない)のことをそっちのけで、自社のトップの顔色ばかり気にしてしまう人って結構いるものなんだなあ、と思う。

時間厳守は自社の社長のため?
トップのご機嫌取りに走る人たち

 年に1度、とある超大手企業の「お取引先様感謝会」なるものが開催される。毎年、我が社にもその案内状が送られてくる。案内状が届くころを見計らったかのように、その会社の営業担当者から秘書課に連絡が入る。

 「いつも御社には大変お世話になっております。来月、弊社の大切なお得意様への日ごろのおつきあいに対する感謝会、ならびに今期の企業方針説明会を開催いたします。本年もS社長にはぜひともお越しいただきたいのですが、ご都合はいかがでしょうか」と担当者。

 すかさず、こちらも答える。「こちらこそいつもお世話になり、ありがとうございます。本年も弊社社長のSが出席させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします」なんて具合に恒例のやりとりが交わされる。

 そう。ここまではいいのだ。でも毎年決まって、営業担当者から言われる不可解なコメントがある。

「そうですか。ありがとうございます。それではS社長にはくれぐれも遅刻されませぬようお願いいたします」

(は? 我がボスが今までに一度だって遅刻したことがあるか? なぜわざわざそんなことを言うのさ!)

 そして開催日の1週間前になると、また、その営業担当者から電話がかかってくる。

「当日はくれぐれも時間厳守でお願いします。弊社会長のTが冒頭に挨拶をいたしますので……」

(ああ。T会長が挨拶をするから遅れるな、ということね。ええ。もちろん承知していますよ)

 そしていよいよその当日、ナント! またしても電話が鳴る。

「S社長には、本日くれぐれも遅刻されませぬよう……」

(んもう! わかってるってばあ。しつこいなあ)

 当日、会場ではよほど厳密に受付がなされ、各社ごとに何時に到着したかまでチェックされているんじゃないだろうかと思った私は、帰社した我がボスに聞いてみた。

「受付のとき、何か確認されましたか」

「いや、何もされないよ。何しろ、ものすごい人数だったからね。2000人くらい来ていたんじゃないかな。出席なんて確認されなかったよ。誰がいつ来たかなんて、まったく把握できていないんじゃないか?」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

大学を卒業後、大手食品メーカーに入社。数年後、突然の人事発令により秘書課へ異動。社長秘書となる。


現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司

社長に取り入ろうとする人、メンツと肩書きにこだわる人、やたら口の軽い人、etc・・・。現役の社長秘書だからこそ見えてくる社内の困った上司たち。部下に慕われる人、嫌われる人、その違いをご紹介します。

「現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司」

⇒バックナンバー一覧