ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【アレサ・フランクリン「貴方だけを愛して」】
自分らしくあるために「黒く」歌いあげる

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第33回】 2012年5月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 頑張っているんだけど、どうも良い結果が出ない、ってことありませんか?

 もちろん、ありますよね。
  だって、人間、順風満帆な時だけじゃないですものね。
  で、そんな時は、どうします?

 周りを見回して状況を客観的に観察することが重要ですよね。あまりに当たり前ですけど。それで、独り相撲をとっていないか、独善的になっていないか、反省して、周りに合わせなければ、なんて思ったりしませんか?

 しかし、これはあまりに優等生的に過ぎる、と思いませんか?

貴方だけを愛して

 厳しい競争に晒されるビジネスの最前線では、自分なりのやり方にこだわってみるのも悪くないんじゃないですか? 少々結果が出なくても、自分を貫くこと だって大切ですよ。だって、憎まれっ子世にはばかる、って言うでしょ。周りに合わせてばかりでは、ミスター/ミズ・ナイスパーソンのままで、飛躍は難し いかもしれません。

 時には、周りがどうであれ、自分らしくあり続けることが、突破口を開くことだってあるんですから。

 と、いう訳で、今週の音盤はアレサ・フランクリン「貴方だけを愛して」です(写真)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧