ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社員とモメない就業規則のつくり方

「寝耳に水」元社員に“未払い”残業代500万円

矢島秀悟 [社会保険労務士]
【第1回】 2009年7月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 昨今、雇用をめぐる労使紛争や、労働基準監督署による残業代不払いの是正勧告件数が急速に増えています。企業としては適切に社員を待遇しているつもりでも、そうした紛争や勧告は、ある日突然経営者の元にやって来る場合が多いのです。社員と円滑な労使関係を維持していくにはどうしたらよいのか、ケーススタディを織り交ぜながらお話ししていきましょう。

ある日突然、労働基準監督署がやって来た!

 不動産販売業のA社は、昨今の景気情勢悪化の波を受け、利益が大幅に減少し続けています。社長のBさんは、業績回復のため、営業社員に対し高いノルマを課し、また、以前のような営業先からの直帰を許さず、毎日のように深夜まで営業会議を実施しました。

 このような職場風紀に耐えられず社員のCさんが退職していきました。社長のBさんとしては、営業成績が高くはなく、会社への貢献度が低いCさんの退職であったため、かえって安堵を感じていました。

 ところが数日後、退職したCさんが突然会社を訪ねて来ました。一緒にいるのは「労働基準監督官」です(文末「ひとこと」参照)。

 監督官は社長のBさんに言いました。

 「御社は元社員に対し残業代不払いです。適切に払ってください。計算では500万円です」

 まったく寝耳に水のB社長は、監督官に反論します。「残業代は不払いではありません。給料の一部に残業代を入れて支払っていました」

 「B社長、現在の就業規則では残業代不払いです」

 監督官の不変の回答に、事を大きくさせたくないという思いもあり、B社長はまったく納得はしませんでしたが、渋々支払いに応じました。今期の決算で何とか500万円の最終利益を見込んでいたのですが、儚くも元社員からの「残業代請求」により利益予測は崩れ去ったのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

矢島秀悟 [社会保険労務士]

保険サービスシステム株式会社 社会保険労務士。労働保険、社会保険に関する相談や就業規則作成・監督署是正勧告対応など労務相談を数多く手掛ける。就業規則に関する執筆活動も行なっている。


社員とモメない就業規則のつくり方

雇用をめぐる労使紛争や、労働基準監督署による残業代不払いの是正勧告件数がうなぎのぼりに増えている。働き手の人生と企業経営のあり方を大きく左右する「雇用」を円滑に管理し、ひいてはムダなコストの削減にもつながるルールづくりについてわかりやすく解説する。

「社員とモメない就業規則のつくり方」

⇒バックナンバー一覧