ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

株はサーフィンと同じ うまく波に乗れれば勝ち!

吉川英一 [個人投資家]
【第13回】 2008年5月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 株を始めてしばらくすると、たいがいの個人投資家は大損をして、もう株価を見るのもいやだという状況に陥ってしまう。そして、多くの投資家は、自分は株には向いてないといって、株式市場から去ってしまうのである。

個人投資家は
なぜ株で勝てないのか

 私はそもそも株式市場は人類が発明した史上最大の賭博場だと割り切っている。短期でボロ儲けしてやろうというプロやアマがカモが来るのを虎視眈々と狙っている。そんなところに素人がのこのこやってきて、お金をバラまいたら、瞬く間に餌食にされてしまうのだ。売った買ったのギャンブルだとすれば、実は賭場で勝ち続けることはいかさまでもしない限り至難の業なのである。

 投資家がリスクを犯して株式市場に資金を投資する理由は、ただひとつ、早く自分のお金を増やしたいからである。この欲望ギラギラの共通の目的があるから、常に投資家は同じ行動に出るのである。株価が上昇しているときは、まだまだ上がると思って買いが買いを呼ぶし、株価が暴落しているときは、損失を少しでも少なくしようと売りが売りを呼んで、いつも底値を叩き売ってしまうのである。

 この人類共通の投資行動は、相場というものが世に出現して以来、世界中どこの市場でもまったく変わることのない普遍の法則である。

 これさえわかれば、あとは簡単である。その他大勢の市場参加者と同じ行動をしてしまう癖を改めて、常に逆の動きをすればいいだけのことだ。オーバーシュートした下げ過ぎのところで買って、市場が過熱したところで売ればいい。

市場の過熱と
下げ過ぎを見抜くポイント

 では、株価の過熱と下げ過ぎをどう見分けたらいいのだろうか。

 私は市場全体の出来高を見ることにしている。出来高が2005年当時のように30億株を超えて連日35億株前後の日が続けば、明らかに市場参加者が増えて過熱状態だし、今年に入ってからのように当時の半分以下の出来高は、明らかに陰の極にある状態だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉川英一 [個人投資家]

"1957年生まれ。富山県在住の個人投資家。年収360万円から低位株投資で資金を貯めて、アパート経営を開始。株と不動産で増やした資産は約2億円超。マネー誌などで指南役として活躍中。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『低位株で株倍々!』『不動産投資で資産倍々!会社バイバイ♪』『低位株必勝ガイド』『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』(以上、ダイヤモンド社)、『一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方』(光文社新書)などがある。


吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

低位株のカリスマ・吉川英一が、気になる低位株を紹介。注目銘柄がいち早くチェックできる。また、吉川流の中長期的投資テクニックが身につく。

「吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!」

⇒バックナンバー一覧