ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

リスク回避で株は売られ過ぎ
今後は割安感が修正される

松野利彦(SMBCフレンド証券シニアストラテジスト)
2012年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2011年とほぼ同じタイミングで、12年もギリシャ問題に端を発した欧州債務問題が世界の金融市場をリスク回避へと駆り立てている。

 東京株式市場においても、11年と同様に大きく売り込まれ、日経平均株価は下落した。しかし、売られ過ぎから割安感が強まっている。リスク回避の嵐が過ぎれば、それを修正する動きが出てくるのではないか。

 12年の欧州債務問題では、ギリシャのユーロ離脱が懸念されているほか、スペインの金融機関に対する不安などが高まっている。そのため、世界の金融市場では株売り、債券買い、資源国通貨・新興国通貨売りといったリスク回避の動きが顕著だ。

 しかし、為替市場においては、ユーロが一部の資源国通貨や新興国通貨に対して高い、などといった現象も見られた。本来、欧州がリスク回避の要因であるならばユーロ全面安が道理である。景気の弱さを示す経済指標などから、欧州、米国、中国に景気減速懸念があるのは確か。しかし、何でもかんでもリスクを回避するというのは少し「行き過ぎ」ではないだろうか。

 その傾向は、東京株式市場でも同じだ。テクニカル的に売られ過ぎのシグナルが出ている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧