ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング

スタートトゥデイのブレない経営を支える2つの柱

宇都雅史 [インターネット・ビジネス・フロンティア代表取締役]
【第3回】 2009年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 連載の第3回目は、株式会社スタートトゥデイさんの「柱」「行動」にフォーカスを当てます。ブレない経営スタイルを支える2本の「柱」とは何か? その2本の柱が土台となって生み出された新しいサービス、顧客に自然に応援してもらえるとは、どういうことなのか? 同社とお客様の関係などについてお伝えします。

仕事をするというよりも、
仲間とキャンプに行く感覚

 「急成長の要因は?」という質問に対して「特別なことは一切何も行っていない」とはっきり言い切る前澤社長。仕事をしているというよりも「仲間とキャンプに行くような感覚」。焚き火担当者がいて、野菜を採りに行く人がいて、魚を釣る人がいる。やがて、それぞれのグループやミッションが生まれ、パーティーがはじまり利益が出る。組織が自然に生まれ、業績が後からついてくる。そう自らの会社を語ってくれました。

 では、同社の活動の軸となっている、「柱」とは一体どのようなものなのでしょうか?

【柱】世界を平和に。そのために、
いい人をいっぱいつくりだす組織に

株式会社スタートトゥデイのホームページ

 同社には、企業理念と経営理念の2本の「柱」が存在します。企業理念とは、企業が存在する意味、企業がやっていきたいこと。そして経営理念は、企業理念を実現するための手法。このように位置付けられています。同社が掲げる企業理念と経営理念は次のとおりです。

 企業理念 「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」
 経営理念 「いい人をつくる」

 この2本の柱が、まったくブレない経営スタイルにつながっているのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宇都雅史 [インターネット・ビジネス・フロンティア代表取締役]

1977年生まれ千葉県出身。21歳の時に、父の会社が倒産。倒産後の処理を手伝う。東海大学法学部卒後、コピー機販売・ネットベンチャー企業を経て同社設立。売上直結型SEO・サイト制作・運営までをワンストップで提供し企業サイトの業績UPに貢献。著書に「消えるサイト、生き残るサイト」(PHP研究所)。
インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社


本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング

「本当に強い企業」が実践している一連のプロセスは6つのステップから形成されています。本コラムでは、この6つのステップを実践する企業を取材し、その「強さ」の源を明らかにしていきます。

「本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング」

⇒バックナンバー一覧