ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第49回】 2012年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

「ほぼ日」さんがやってきた。
5月21日(月)~ 5月27日(日)

1
nextpage

一年は長く、短い。相変わらず淡々とした日記となっていますが、今回含め、あと2回、つまり「ラス前」です。走馬灯に関するうんちくを検索し始める今日この頃、今回もよろしくお願いいたします。 

 ダイヤモンド社に「ほぼ日」さんがやってきた

 こんにちは。誕生日を雑にあつかわれたムラタです。C鉢には無料アプリ『適当川柳』をすすめられ、ママさん編集者K村からは無料配布のロッテリアクーポン券をもらい、Y田からは余っているお菓子を渡されそうだったので拒む次第。とてもいい会社だと思います。

奥野さん(右)とオトヤさん(左)
拡大画像表示

 そんな残念なスタートをきった先週ですが、金曜日に嬉しいことが。なんと、「ほぼ日」さんが会社まで遊びにきてくれました! 遊びというのは冗談で、今年の4月にハーバード・ビジネス・レビュー副編集長となり、ダイヤモンド社いちの酒豪でもあるM澤(女性)が担当した、『P.F.ドラッカー 完全ブックガイド』を紹介いただけることとなり、インタビューにきていただいたのです。

真剣に読み込むオトヤさんを狙う西本さん(左)
拡大画像表示

 来社いただいたのは、記事をご執筆される奥野さん、写真を撮っていただいた西本さん、そして、『もしドラ』の岩崎さんとの対談も記憶に新しい「オトヤ」こと、佐藤音也さんの3名です。「「もしドラ」を書いた岩崎夏海さんに「もしドラ」を5回も読んだオトヤが会いにゆく。」でお世話になって以来だったため、お会いできてとても光栄でした。

 昨年、一昨年と『もしドラ』そして『マネジメント』が大変なブームとなりましたが、次に何を読めばいいのか迷っている方も少なくないのではないでしょうか。ドラッカーには数えきれないほどの著作があるため、無理もないことです。白状すると、自宅にもほとんど手つかずのまま書棚を彩っている作品が山ほど……。

 自分を棚に上げるわけではありませんし、まして「書棚」と「棚」をかける高度なギャグを言ったつもりもありませんが、おそらく、読者が置かれている環境やステージによって必要とするドラッカーの作品も異なるのだと感じています。

 どんなタイミングでどの作品を手に取るのか。いまの自分が本当に必要としている言葉が書かれている作品に出合うためにも、このブックガイドは非常におススメです。

 このたびの記事は、「プロモーションでごめんください」として、6月5日に掲載予定です。ぜひ、お楽しみに! ふと開いたら、「ゼロからはじめるジャーナリズム」の最終回もアップされていました。やっぱりこれ、めちゃくちゃ面白い。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧