ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
小説じつは…経済研究所

じつは、デフレはMBAにとっても大問題

佐々木一寿 [グロービス出版局編集委員]
【第2回】 2012年6月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

麹町経済研究所のちょっと気の弱いヒラ研究員「末席(ませき)」が、上司や所長に叱咤激励されながらも、経済の現状や経済学について解き明かしていく新連載。第2回は、末席がビジネススクールで登壇、デフレがビジネスに及ぼす影響について、講義をします。

MBAスクールでの講演依頼

 「…そうですか、では、うちの主任の嶋野でどうぞよろしくお願いいたします」

 電話を置いたマネジャーは、やれやれ、という表情でため息をついた。そして、こういうときは、必ず猫なで声で僕に近づいてくる。

 「あれ、そこにいるのはウチのエースの末席さんじゃないか」

 まるでコントかと思うくらいの定番的な展開に、嫌な予感を覚えつつも、マネジャーの次のせりふを予測して、自分から言ってみる。

 「じつは…、なんでしょうか?」

 「いやー、話が早い。じつは、講義依頼の催促があってね、ぜひ出張講演してほしいんだ。例の…」

 「あ、千代田リーグの他流試合の件ですね」

 千代田リーグとは、東京千代田区にあるMBAスクール4校の俗称で、アメリカの東部の蔦のからまるような伝統校*1にちなんで呼び慣らわされるようになった。同名のサッカー同好会にも所属している末席は内心、この名前がいつも紛らわしいと思っているのだが、顔には出さない。

*1 Ivy League. 現在は8校だが、当初は4校(コロンビア、プリンストン、ラトガース、イェール)

 「でもそれ、主任が出るのでは?」

 「そうなんだけどさ、まあ、ほら」

 「代わりに出ろ、と?」

 「いやー、ありがとう、快諾してくれて」

 末席が正式に受諾する前に、今度はマネジャーが末席の返事を先回りして言った。言い方は丁寧であるのだが、つまり末席には断るという選択肢が「あらかじめ、ない」のだ。オプションを提案しているようでいて、じつはそうではないということは、MBA流の交渉術を読むまでもなく、世の中にはよくあることだ。

 講演は1週間後なのだが、基本的に主任は、よそのスクールに行くことをあまり好まない。依頼側は当然、集客のことを考えるので、看板研究員である主任に講義をお願いする。ご近所づきあい上のリスクもあり、マネジャーはそのオファーを無碍にはできない。というわけで、この手の話は僕のところに辿りつく。末席にとっては、外に行くのは嫌いではない質なので、多少プライドが傷つくことに目をつぶれば、基本的には嫌な話ではない。この世の中、需要と供給のプロセスはシンプルではなかったりするが、落ち着くところには落ち着くものだ*2。…と、まあ、少なくとも僕はそう納得しようとしている。

*2 cf.「すべての商品は貨幣に恋をする。しかし、その恋路は滑らかではない」(『資本論』カール・マルクス/著)

 「くれぐれも、主任が急に体調が悪くなったので、との、おことわりをいれといてね」

 1週間後の主任のスケジュール・ボードに「急病」と几帳面に書き入れたマネジャーは、すでに猫なで声ではなくなっていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐々木一寿 [グロービス出版局編集委員]

横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業。大手メディア複合グループの出版部門勤務、報道系編集デスクを経て、グロービス入社。現在は、同社出版局の編集委員として、書籍・教材をはじめとする各種著作の企画・構成・執筆を担当。主に「グロービスMBA」シリーズ、「グロービスの実感するMBA」シリーズ(ともにダイヤモンド社刊)、「グロービスMBA集中講座」シリーズ(PHP研究所刊)の編集・執筆に携わる。


小説じつは…経済研究所

麹町経済研究所のちょっと気の弱いヒラ研究員「末席(ませき)」が、上司や所長に叱咤激励されながらも、経済の現状や経済学について解き明かしていく。

「小説じつは…経済研究所」

⇒バックナンバー一覧