ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【JPモルガン・チェース】
勝ち組がはまった巨額損失の裏で
金融界が求められる意外な“代償”

週刊ダイヤモンド編集部
【第72回】 2012年6月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

米銀最大手として金融界に君臨するJPモルガンが巨額損失の落とし穴にはまった。金融危機も巧みなリスク管理で乗り切った同行に何があったのか。その余波は金融界全体に及ぼうとしている。

 金融界の弘法も筆を誤ることがある。ただ、その“代償”は業界全体で支払うことになるかもしれない。

 失態を演じたのは、先の金融危機を軽傷で切り抜け、そのリスク管理能力が高く評価されてきた米金融大手JPモルガン・チェース。ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が5月10日、トレーディングの失敗で、20億ドル(約1600億円)もの損失を抱えていることを明らかにしたのだ。損失は市場の動向次第で50億ドルに膨らむとの見方もある。

 20億ドルといえば、AIJ投資顧問による年金消失額に匹敵するほどの大金。ただ、これでJPの屋台骨が揺らぐ事態になるわけではない。

 というのも、図(1)の通り、JPは四半期ごとに40億~60億ドルもの純利益をたたき出す、金融危機後の最高の勝ち組銀行だからだ。2011年には資 産規模で全米トップに立ち、巨額の損失計上が予想される12年第2四半期でさえも、40億ドルの純利益を見込んでいるほどだ。

 では“代償”とは何を意味するのか。それを理解するには巨額損失の裏側を知る必要があるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧