ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

守りと攻めの「両利きの経営」が、
日本企業の未来を拓く

内山悟志[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]
【第90回】 2019年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
6

「深化」と「探索」の両方でのイノベーションが求められる

 昨今、デジタルイノベーションに対するIT部門のあり方についての議論が盛んであり、「モード1とモード2」や「守りのIT部門と攻めのIT部門」といった分類を耳にすることがあるだろう。また、これらの両方に対応したIT部門はバイモーダルと呼ばれる。しかし、この議論はIT部門に限ったものではなく、会社全体にも当てはまるものである。つまり企業が、従来の戦略と既存事業の延長上の成長を目指すのか、変革を重視した組織に生まれ変わるのかが問われており、その両方を実現することが「両利きの経営」にほかならない。

 ITおよびデジタル技術は日々進化し、利用分野の拡大や適用方法の高度化が進んでいる。とりわけ、クラウド・コンピューティング環境の幅広い領域への普及拡大と、IoTやAIといった先進技術の本格的活用は著しい進展を見せている。デジタルイノベーションは、こうしたデジタル技術の活用を前提として、ゼロベースで業務やビジネスを作り直すことといっても過言ではない。手段や道具ではなく、目的に正面から向き合うために、提供価値と事業・顧客層に着目したポートフォリオを活用して対象領域を明確に定め、「深化」と「探索」の両方でイノベーションを興していくことを推奨する。

※連載「経営のためのIT」は、今回が最終回です。これまでご愛読いただきましてありがとうございました。

previous page
6
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧