ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

どうなる!? 世界と日本の経済

金融危機を乗り切るために今こそ「政治の出番」だ!

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第28回】 2008年10月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

上田 金融危機により、世界経済に激震が走っています。日本にも不況の波をもたらすアメリカ発の金融危機の嵐は、いったいいつ収まるんでしょうか? 今回は、世界と日本の経済の今後について考えましょう。

 株価も10月に入ってから、目まぐるしく動いています。まず、1985年から現在までの経平均株価とニューヨークのダウ平均株価の推移を見ると、これらはグローバル化の影響により、ほぼ同じような動きになっています。
 
 日本はバブル崩壊後、ガクッと落ちて持ち直して来ましたが、今は再び2003年のソニーショック時につけた最安値と同水準まで落ちています。

 ここに来て、企業の倒産も急増中です。帝国データバンクの2008年度上半期のデータを見ると、倒産件数は6343件、負債総額は戦後2番目となる8兆4533億円という大きさ。倒産件数は3年連続で増加しており、負債総額は前年同期比2.9倍となっています。

 その特徴は、多くの中小企業が倒産全体の8割を占める「不況型の倒産」に陥っていること、昨年比2倍ペースで「原材料高騰型の倒産」が増えていること、昨年のミニバブルの崩壊によって不動産関連を中心とする「大型倒産」が増えていることです。

 さてこの現状、竹中さんはどのようにご覧になられますか?

竹中 そうですね。私も年初から「これから経済が本当に悪くなる」と言い続けて来ましたが、やはりその通りになってしまいましたね。

上田 不思議なのは、最近「黒字なのに倒産してしまう企業が増えている」と言われていることです。これは何故なんですか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧