ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

スマートフォンが日本でヒットしない理由(後編)

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第4回】 2007年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本では、高速データ通信が驚くほど普及している。10年近く前から、iモードをはじめとする各種のリッチなコンテンツは、海外とは雲泥の差であった。

 今でも、携帯用のWebコンテンツに関しては、大きな差がある。日本では、携帯電話に特化したWebやメールが、パソコン用とは別に発達した。ところが、アメリカでは、携帯電話はしばらく通話専用だった。そのうち、メールやWebに対応した端末をポケットに入れて持ち運びたくなると、スマートフォンがヒットした。つまり、携帯専用のサービスではなく、パソコン向けに作られたコンテンツやメールを携帯でも利用しようというわけだ。

 たとえば、メールを見ると分かりやすい。日本ではパソコン用のメルアドと、携帯のメルアドを2つ利用している人がかなりいる。いつの間にかビジネスのメールはパソコンのアドレスを使い、プライベートは携帯メールといった使い分けが、ごく普通になってきている。

 スマートフォンを売りたいキャリアは、「スマートフォンなら携帯メールとパソコンメールが両方見られて便利です」と、訴求する。だが、すでに普通の携帯電話でもパソコン用のメールを送受信できるし、その気になれば転送も可能だ。

片手打ちの日本にQWERTキーはいらない

 アメリカでは、通話が主流として携帯電話が使われてきた。ところが、日本では、若年層を中心に携帯メールばかりを使うユーザーが多い。

 これは、交通インフラの違いとしか考えられない。アメリカでの移動は車が中心なので、通話しながら運転できるのだ。それが証拠に、やたらにBluetooth接続のヘッドセットを付けている人が多い。運転中にハンズフリーで通話するわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧