ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

大工出身ならではの徹底した品質
ハウステックス社長 佐藤義明

週刊ダイヤモンド編集部
【第30回】 2008年5月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ハウステックス社長 佐藤義明
ハウステックス社長 佐藤義明

 「いくら会社が大きくなろうが、われわれの基本は工務店であること。大工が徹底して、いい建物を造っていくことが基本だ」

 高級戸建て住宅を得意とするハウステックスの社長、佐藤義明のスタンスは首尾一貫している。戸建て住宅市場が飽和状態にあるなかで、同社は7期連続で増収を達成している。

 この秘訣を佐藤は「自社施工による施工品質の高さ、そして高い設計力にある」と解説する。膨大な作業量や、高いレベルの知識を必要とすることを考えれば、「建築好きの人間でないとやっていけない大変な業界だ」と苦笑いする。クレーム産業ともいわれる住宅業界にあっては、顧客に満足してもらうためにあらゆる努力が必要なのだ。

住宅はクルマより高額
傷一つあってはならぬが引き渡し時の合言葉

 同社がうたっている施工品質の高さは、佐藤が18歳から大工修業を始めたことにある。修業時代にはカンナがけやノミの使い方をゼロから覚えた。それだけに建築の品質、仕上げへのこだわりは飛び抜けている。

 顧客への引き渡し時の同社の合言葉は「住宅はクルマよりも高額の商品。傷一つない状態で引き渡すのが当然」である。ちょっとした壁紙のたわみ、小さなひび割れがあったとしても、工事業者にダメ出しをして再工事をさせる。

 ある顧客は「そこまで厳しくしなくてもと思うほど、細かい汚れにもダメ出しをしていた」とビックリする。こうしたこだわりが顧客満足度を高めてきた要因だろう。

 通常、顧客が工事の途中で立ち会う回数は2~3回だけ。だが同社の場合は地鎮祭、基礎工事完了時、上棟時、配線工事完了時、木工事完了時、竣工時と6回の立ち会いをお願いしている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧