ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

中途採用のコンサルティングで急成長
プロッソ社長 牛久保 潔

週刊ダイヤモンド編集部
【第17回】 2008年2月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
プロッソ社長 牛久保 潔
プロッソ社長 牛久保 潔

 景気の好転で、拡大の一途をたどる中途採用市場。人材紹介会社には、軒並みバブル期を超える過去最高の依頼が殺到している。そんな売り手市場で、企業が「欲しい人材を、欲しいときに、思いどおりのコストで採用する」のは至難の業だ。

 牛久保潔は、その“難しさ”に、商機を見出した。きっかけは、1999年から2年間、日本オラクルの採用責任者を務めたことだった。同等クラスの人材を採用する場合に、同業他社が自分たちより2~4倍も多くの採用コストをかけていると知った。

 たとえば、どのような採用ソースを組み合わせるかで、コストは大きく左右される。求人広告の掲載は新聞・雑誌にするか、インターネットサイトにするか。紹介会社に依頼するか、再雇用を募るか、社員・知人の紹介を頼るか。アプローチの手法によって、効果にも雲泥の差が生じるのだ。

 また、必要な人数は確保できても、採用企業の仕事と応募者の希望に乖離があり離職率が高まれば、結果的にコストがかさんでしまう。IT業界でいえば、1人平均200万~250万円といわれる採用コストの振れ幅は大きい。

 採用に“王道”といえる戦略はあるのか。興味を持って書店を探したものの、見つからなかった。だがニーズはきっとあるはずだ、と中途採用のコンサルティングを事業にすることを思いついた。

1年目は受注ゼロ
転機となったIT社長との出会い

 2003年10月に、プロッソを設立。資本金1200万円は貯金をはたいた。社名はラテン語で「成功」と「夢」を意味する2語を組み合わせた造語だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧