ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
七種諭のスルー・ザ・レンズ

オーランド大統領を巡る女のバトルも勃発
結婚しない方が主流のフランス結婚事情

七種 諭 [写真家]
【第2回】 2012年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 フランス国民議会総選挙が終わり、結果はオーランド大統領率いる社会党がかなりの議席数を伸ばしたみたいだ。

Photo by Satoshi Saikusa

ファーストレディの逆襲?

 意外なことに投票率は思ったより悪く、落選者たちも意外な結果!

 極右翼のルペン、共産党のメロンション、中道派のバイル等、各党の代表として大統領選に臨んだ大物たちが落選してる。

 そして、注目の?、、、、、、シゴレン・ロワイヤルも見事落選!

 ゴシップ記事を賑わせた、この女の戦いはオーランドの元パートナーのシゴレン・ロワイヤルの惨敗となった。

 現パートナーのヴァレリーがシゴレン・ロワイヤルの対抗馬のファロルニ氏を支持するとツイッターで書き込んだ。

 しかもシゴレン・ロワイヤルの地元選挙区で!

 社会党としても、もちろんオーランド自身も、シゴレン・ロワイヤルをオフィシャルに支持していた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

七種 諭(さいくさ さとし) [写真家]

1959年 長崎県生まれ。1984年渡仏して以来、巴里に拠点を置き、ポートーレート、広告、ファッション、アートワーク等を中心に活動。2010年からアートギャラリーDA-END,を立ち上げ、日本人アーティストを中心にヨーロッパのアーティストも紹介している。日本での主な仕事は資生堂ーTSUBAKI広告、美術手帳ー特集:松井冬子など。ギャラリー情報 Galerie Da-End 17 rue Guenegaud, 75006 Paris


七種諭のスルー・ザ・レンズ

ヨーロッパといえば、今やユーロ危機などのマクロ経済の話か、歴史と伝統に恵まれた観光の対象というイメージが強い。だが、そこにも人々の生活がある。巴里在住30年近い写真家が、市民の視線でフランスそして欧州の風景を切り取る。

「七種諭のスルー・ザ・レンズ」

⇒バックナンバー一覧