ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

キーワードは“オール九州”
上海でJR九州が飲食業に進出する理由

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第102回】 2012年6月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 全九州を網羅する九州最大の鉄道会社、JR九州。そのJR九州が、鉄道だけに固執しない、「鉄道を基軸とした生活総合サービス業」へのシフトで注目されている。目下、旅行業、不動産業、ホテル・ゴルフ場経営のほか、病院・高齢者介護、農業、飲食業などの非鉄道分野にも数多く乗り出している。

 明治22年の開業から国鉄時代を経た今、そのビジネス環境も大きく変わった。本業の鉄道だけでは喰えないこの時代、「新たな顧客の創造」は避けて通れない課題だ。

 株式上場も視野に入れたJR九州が、今年4月に発表した中期経営計画で描くのは、連結売上高に占める鉄道運輸収入“以外”のシェアの引き上げ。目標達成年度の2016年には、売上高3700億円のうち「6割超」を鉄道運輸以外の収入で占めたいとしている。

ジェイアール九州フードサービスがオープンした「うまや」上海1号店
Photo by Konatsu Himeda

 今年3月、主要子会社であるジェイアール九州フードサービスが、上海市華山路に日本料理店を出店した。同社は東京・赤坂見附に和食「うまや」を展開しているが、同店はその上海1号店に当たる。アジア地域における飲食分野の展開も、JR九州の重要な戦略のひとつと位置づけられている。

 3階建ての家屋に151席を用意。料理は“JR九州プロデュース”だけあって、オール九州をカバーする各県のメニューがズラリと並ぶ。「博多の明太玉子焼き」「長崎の角煮」「大分の鳥天」など――メニューを繰るだけでもワクワク感があり、文字通り「九州の味巡り」を堪能できる。

 そして同店の大きな強みのひとつが、ランチタイムは60元(1元=約12円)前後、夜でも予算は350元程度というリーズナブルな価格設定だ。「接待としても遜色ない内容なのに、価格が非常に合理的」と、中国人客の間でも評判が高まっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧