ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第30回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson30「“カップインの確率”を高める!」

フックラインとスライスラインを攻略する方法

北野正之 [ティーチングプロ]
【第30回】 2009年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 パッティングに、百発百中の秘策はありません。グリーンの複雑なアンジュレーション(傾斜)を正確に読み切るのはプロでも難しいことであり、ミスヒットせずにボールをラインに乗せることも簡単な作業ではありません。

 いちばん大事なのは、「カップインの確率」をできるだけ高めることです。ちょっとした工夫でその確率を高めておけば、多少ラインを読み違えても、もしくはミスヒットしても、カップインの可能性は残るのです。

 まずは、ボールが左に曲がる「フックライン」から。ここでやってはいけないミスは、当たり前のことですが、ボールをカップの左方向に打ち出すことです。ボールが徐々に左に曲がっていくのですから、左に打ち出した時点で、カップインの確率は「ゼロ」になってしまいます。

ラインをどのようにイメージするかが勝負の分かれ目。カップインの確率が高くなるラインを探し出そう。

 そこで、ややインサイド・アウトの軌道でストロークするのが、第1のポイントです。

 インサイド・アウトに振ると、ボールを引っかけることがなく、ミスヒットしても右方向に押し出すだけです。フックラインでボールがカップの右側を転がっていれば、カップインの可能性は残されます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧