ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

BRICsより高い収益率
東南アジアの株式市場に注目

山独活継二(エクイティトレーダー)
2012年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ギリシャの再選挙も終わり若干の安堵感があるものの、ユーロ問題の最終的な出口はなかなか見えてこない。米国の景気減速懸念に加えて、中国、インド、ブラジルなど主要新興国の経済成長に陰りが見えていることも、市場マインドの悪化の要因になっている。

 上のグラフを見てもわかる通り、MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インデックス)のエマージング指数やBRICs指数の収益率は低い。先進国の株価指数などと比べても動きが小さい。

 高い成長力や高金利を背景とした通貨高で、多くの日本投資家の資金を集めてきたBRICs経済に減速が見えてきた。一方で、アジア、特に東南アジアが次なる成長新興国のキーワードの一つになってきている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧