ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イケテルカノジョ養成講座

私はたぬきのお父さん(前編)

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第13回・前編】 2012年7月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

さようなら、とキツネは言った。ぼくの秘密を教えてあげよう。とても簡単なことさ。それは、心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないということなんだ。肝心なことは目では見えないんだよ――、アントワーヌ・ド・サン=テグジュベリの『星の王子さま』より
 

 住まいは丘の上にある。

 丘を登り切った先には、地元ではちょっとは知られた公園があり、立ち並ぶ木立などは、こんもりした雑木林のようにも見える。

 生態系を守るためか、園内の整備に除草剤や害虫駆除剤などの薬剤は使わないらしく、散歩していると、体長一〇センチほどのヘビの子どもや手のひらサイズの大きな蜘蛛、ミミズやトカゲなどがうろちょろしていたりする。

 ときおり、この先にカラスの巣があります。と注意を促すような看板が立てられていたりもする。どうやらカラスの巣も駆除しない方針らしい。スズメバチが巣をつくったら駆除するとは思うが。

 といった感じで、家の真裏が公園なのだ。

 住まいは、港の夜景を見下ろせたり、部屋から夏の花火を眺められたり、真裏が広い公園だったりとロケーションは申し分ないのだが、もうひとつ、ありがたいことがある。

 家中の部屋という部屋を風が吹き抜けて、夏場でも、エアコンがいらないくらい涼しいのだ。これがちょっと自慢。

 何年か前の六月に、いまの住まいに移った。それまで住んでいたマンションは冷暖房が二十四時間体制で完備されていて、部屋にはエアコンというものがなかった。だものだから、転居したときにエアコンを購入する必要があり、各部屋に取りつけるとしたら一〇台も必要じゃないか。

 と憤慨したものだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


イケテルカノジョ養成講座

きみは優秀なビジネスマンだ。周囲の信頼は厚く、友だちも多い。そして仲間にも頼られる。が、しかし……、恋人だけがいない。あなたはとても魅力的な女性だ。仕事も頑張って、自分磨きも怠らない。男友だちだってたくさんいるのに……、何故か恋人ができない。いつも元気で、前向きで、どんなことにも興味を持って挑戦する勇気があるのに、恋にだけは臆してしまう。そして、自信をなくしたて落ち込んだり。そんな男女がたくさんいる。イケテルカノジョを恋人にしよう。イケテルカノジョになって、素敵な恋をしよう。ノンフィクションライター降旗学が送る恋愛下手な人たちへの応援コラム。

「イケテルカノジョ養成講座」

⇒バックナンバー一覧