ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

安定した収益を期待するなら
低PBRかつ高利益率の銘柄

吉野貴晶(大和証券投資戦略部チーフクオンツアナリスト)
2012年7月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 欧州債務問題や世界的な景気減速懸念が根強いが、株式市場では投資家の過度な不安感が後退する流れとなっている。だが、再び投資環境が厳しくなる可能性もあるため、楽観は禁物だろう。

 こうした環境下では、下値不安が小さいと思われる銘柄を、選別の候補にしたい。そこで、PBR(株価純資産倍率)に注目する。ただ、PBRが低い銘柄に単純に投資をすればいいわけではない。

 PBRが低い水準まで売り込まれた銘柄には、それなりの理由がある。米国などの景気減速や円高などによる収益圧迫が懸念されて、売り込まれた銘柄もあるだろう。収益性や利益効率性が低い企業は、景気後退局面では、利益水準の低下幅が大きくなる。反対に、収益性や効率性が高い企業は、企業を取り巻く経営環境が悪化しても、底堅い業績が期待される。

 具体的にはまず、金融を除いた東証1部上場企業で、PBRが低いほうから2割に入っている銘柄を選別する。次にその中で、予想営業利益÷予想売上高の値が高い銘柄を選ぶ。表は、こうして選んだ銘柄群である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧