ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

自分の“素”を意識し、自分を見失うな!
起業家が陥るタヨル君、イノシシ君、ヨロイ君とは

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第7回】 2012年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
7

 「社長」と毎日呼ばれているとイイ気になってカン違いした学生起業家。

 大手著名企業が若い人を応援しようと口座を開けて取引をしてあげたら、周囲に威張り始めた若手社長。

 株式上場して金持ちになったら、態度が横柄になって、友達が離れて行った起業家。

 有名になったら、ついてくる若い女性をオフィスにたびたび連れ込んで、顰蹙をかった社長。

 いずれも、自分を見失い、一時の気持ちよさに走ったということだろう。そこからいかに自分を取り戻すかだ。もちろん、ロックスターのような人生を送るのは自由だが、自分の成長は止まり、人の心も離れていく(お金でつなぐことはできるが)だろう。

 日本でも、かつてはこういうタイプの起業家や経営者も多かったが、成熟化し時代が変わったいま、そしてこれから、昔のようにはいかないだろう。なにより、せっかくの人材がこれではもったいない。

シリコンバレーのキーワード
“Be yourself”

 日本で創造されたものを「世界に伝える力を養う」ため、起業家はじめユニークな活動をしている若手にシリコンバレーで色々な体験の機会を提供し、自分を育てるきかっけにしてもらおうというTofu Projectという企画があるが、初回の参加者は異口同音に「Be yourself」と繰り返し言われたのが印象的だと言う。

 ここまで読んでいただいた方には、「Be yourself」の意味がさらに分かったのではなかろうか。

 起業家は、自分を見失ったりするような厳しい局面が、他の仕事の人よりも多いかもしれない。しかし、自立し「Be yourself」であることが、他とは比べものにならないほど求められる。

 最後まで「大きなお世話」を読んでいただいた方々は、夏休みにでもゆっくり自分の棚卸や自分自身を感じてみてはいかがだろう。

previous page
7
スペシャル・インフォメーションPR
 
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧