ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

逆転の発想とIT活用でつくる
「高齢者が若者を支える」未来の高齢社会

安間裕
【第14回】 2012年7月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 こういった方向性ももちろん重要なのですが、廣瀬教授は、高齢者を「強い戦力」として見て、ITで何ができるかという発想をされています。

 それは、高齢者が持っている「知識、経験、スキル」を、ITによってより効率的に生産活動、つまりビジネスに活用できないかという発想が中心となります。

 例えば、今の高齢者には、草むしりや庭の手入れに長けた方々がたくさんいるでしょう。それに対して、日本中で、草むしりや庭の手入れをしてほしいご家庭もたくさんあるはずです(かく言う我が家もそうです)。でも、現役世代は、外で働くのが精いっぱいで、土日、疲れちゃってできない。

 そこで、「日本中の草むしりをしてほしいご家庭」と「日本中で草むしりの得意な高齢者」を結びつける、壮大なワークフォース・マネジメント・システムを構築し、クラウド化すれば、論理的には、十分に機能するのではないでしょうか?

 似たような話ですが、「日本中で夕飯を作ってほしいご家庭」と「料理の得意なおばぁちゃん」を結びつければ、働く女性にとっても、強い味方になりますし、「おばぁちゃんの味」の着実な継承にもつながるのではと思います。

 さらに言えば、データベース・マーケティングの分析機能を駆使すれば、どういったご家庭にはどういった方がうまくマッチングするか、なんてこともできると思います。

 残念ながら、高齢者の方なので、急に少し具合が悪くなったりするかもしれないけど、それも、代理アサインメント機能と、リアルタイム・オファリング機能が結び付けられれば、対応可能です。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

Special PR


facebookもチェック

現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

グローバル経済のなかで地盤沈下の進む日本。再びIT先進国として飛躍するためには、ITをビジネスの武器とする発想が必要だ。ビジネスは現場が肝心。現場の意思決定のスピードアップなど現場力向上に先端ITをどう生かしていけばよいか、IT業界のフロントランナーがわかりやすく解説する。

「現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則」

⇒バックナンバー一覧