ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
半沢直樹シリーズ第3弾・池井戸潤『ロスジェネの逆襲』[試読版]
【その1】 2012年7月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
池井戸 潤

【第1章】椅子取りゲーム(その1)

1
nextpage

子会社に飛ばされたバブル世代の主人公・半沢直樹。親会社である銀行から受けた圧力や嫌がらせを知恵と勇気で倍返し──。
直木賞作家・池井戸潤の最新作『ロスジェネの逆襲』が、ダイヤモンド社より、単行本として発売されました。「週刊ダイヤモンド」連載時には、小説として初の読者満足度No.1を獲得し、圧倒的人気を誇った胸のすくエンタテイメント企業小説です。本コーナーでは、その「第1章」を、月曜から金曜の毎日連載形式で、本日から8回にわたってお届けします。

 

1

 電脳雑伎集団の平山が夫婦で訪ねてきたのは、十月のとある月曜日のことであった。

 二〇〇四年、米大リーグでジョージ・シスラーの持つ年間最多安打記録をイチローが破った翌週のことである。

 半沢直樹が、重要な顧客だけが通される第一応接室に出向いたとき、すでに次長の諸田祥一と森山雅弘のふたりがいて、IT企業の電脳雑伎集団を率いる平山一正社長と、その妻で同社副社長の美幸夫人の相手をしていた。

 電脳雑伎集団は、平山が三十五歳のとき、それまで勤務していた総合商社を辞して創業したベンチャー企業であった。中国企業を連想させる社名は、かつて中国雑伎団によるアクロバティックな演技を見て感動した平山が、IT分野でも同じ超絶技巧を駆使するプロ集団をイメージして命名したものだ。

 株式を新興市場に上場したのが創業五年目。この時点で、平山は巨額の創業者利益を得て、日本の起業家のいわばスター的な存在にまでのし上がり、いまやその世界では知らぬ者のない有名人になっている。

 今年五十歳になる平山はサラリーマン時代を彷彿とさせる地味なスーツ姿だが、一方の美幸は、ひと目でそれとわかる派手なブランド物の服に身を包んでいた。

 半沢が来る前にいい話でもあったのか、いま諸田が期待に顔を輝かせ、肘掛け椅子を半沢に勧めた。その諸田の横では、森山が、いつもの仏頂面でノートを広げ、ボールペンを構えている。

 「こちらからまたご挨拶にお伺いしようと思っていたところです。わざわざお越しいただきまして、ありがとうございます」

 半沢は礼をいった。平山とは、それまで勤務していた東京中央銀行からこの東京セントラル証券へ出向を命じられた二カ月前に部長就任挨拶で初めて会社を訪ねたとき以来である。

 重要な顧客という位置付けにはなっているものの、電脳雑伎集団との関係は鳴かず飛ばずで、上場時の主幹事を務めたのを最後にさしたる取引実績がない。担当の森山を通じて様々な商品を持ち込んでも、ことごとく門前払いを食らわされているといった状況であった。

 「重要なお話なので、部長にもぜひ、同席していただきたいとのことです」

 それが商談だと勝手に期待しているらしい諸田の言葉に、礼をいいながらベンチャー企業の創業者夫妻を見やった半沢は、ふと眉を上げた。

 ふたりの表情にいつにない真剣なものが浮かんでいたからである。ただならぬ気配が漂い出ている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池井戸潤(いけいど・じゅん)

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。他の代表作に『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』や、この作品の前作となる半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』などがある。

 


半沢直樹シリーズ第3弾・池井戸潤『ロスジェネの逆襲』[試読版]

やられたら倍返し― 子会社に飛ばされたバブル世代の主人公。親会社から受けた圧力や嫌がらせは知恵と勇気で倍返し。直木賞受賞作家、池井戸潤の痛快エンタテイメント企業小説の第1章を公開!

「半沢直樹シリーズ第3弾・池井戸潤『ロスジェネの逆襲』[試読版]」

⇒バックナンバー一覧