「おもしろい話が転がり込んできましたね」

 ふたりを乗せたエレベーターのドアが閉まり、階数を表示するランプが下りはじめるのを見届けた諸田は、興奮した口調でいった。「さすが平山社長、大胆不敵とでもいいますか」

「しかし、買収事案としてはかなり難しいだろう」

 半沢は慎重にいった。東京セントラル証券は、東京中央銀行の証券子会社で資本のスジはいいが、いかんせん業歴は浅く企業買収の実績があまりない。大型案件ともなればなおさらで、アドバイザーとして高額の手数料を徴収できるほどのノウハウがあるかといえば、正直、心許なかった。

「これはやるべきですよ、部長」

 諸田は力強くいった。「やらなきゃいけない。そう思います」

 このアドバイザー業務が巨額の収益をもたらすからだ。ここのところ業績が低迷している会社にとっては、願ってもないビッグビジネスである。

「東京スパイラルがおいそれと買収に応じると思うか」

 半沢はきいた。「おそらく、敵対的買収になるぞ。ノウハウはあるか」

「なんとかなりますよ、そんなものは」

 諸田はいったが、その発言に根拠があるとは思えない。いままで扱ってきた大口の案件は全て親会社の銀行から回されたものばかりだ。恵まれているが故に市場の厳しさを知らない銀行の証券子会社にとって、敵対的買収のアドバイザー業務はいかにも荷が重いのではないか。諸田は楽観し過ぎている。

 企業買収、M&Aといった言葉が徐々に浸透してきてはいるものの、まだ身近に感じるほどにはなっていない。そんな時代に、企業規模の違いこそあれ、ライバル企業を買収して傘下に収めようという平山の戦略は、まさに誰もがあっと驚く奇襲であるだけに、失敗する可能性も高い。

「そんなにうまくいきますかね」

 森山が、疑問を口にした。「東京スパイラルの社員にしてみれば、いままでライバルだと思っていた相手に征服されるようなものだし。必死で抵抗してきますよ、彼ら」

「だからなんなんだ」

 諸田はふいに不機嫌な目になって、森山を見た。「電脳はお前の担当だろう。収益を上げようと思わないのか。ぼうっとしてたって、食い扶持を稼げるわけじゃないんだぞ。今月の目標、まったくいってないだろう」