ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!」 思考停止のニッポンをぶった切る

“非日常”にこそ発見あり!
ジャカルタのスラムで少女が教えてくれたこと

加藤嘉一
【第17回】 2012年7月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

加藤嘉一氏は、国際コラムニストとしての言論活動のため、またテレビなどのメディアの出演や執筆のため、毎週のように拠点としている中国以外に、さまざまな国や地域に実際に足を運び、現地の人々との交流を欠かすことはない。自身のコーナーを持つBS朝日『いま世界は』の取材で訪れたインドネシア、ジャカルタでは、スラム街で出会った少女から忘れてはいけない大切なものを得たという。それは何だったのか。番組では語りきれなかったストーリーをお届けする。

気合の塊、ジャカルタ

空港出口には、むせ返るほどの熱気が充満していた  Photo by Yoshikazu Kato

 5月25日の午後、私はインドネシアの首都ジャカルタに降り立った。入国審査を済ませ、空港の出口へと向かう。総人口(約2億3000万人)の88%がイスラム教徒というだけあって、女性の多くが顔と手以外を隠している。一方、中国系の人たち(華僑)もいて、ムスリムとは違う風貌をしている。服装、背丈、肌の色、振る舞い……、空港を出て一瞬で、世界でも稀に見る「多様性」のある国だとわかった。

 初めて感じる光景に、私のなかで生まれたのは戸惑いではなく好奇心だった。空港の外に出ると、思わず「うっ!」と唸ってしまった。暑かったからではない。原因は、その熱気だった。

 停車場所を奪い合うために、ドライバー同士が喧嘩をし、警備員と掴み合いになっていた。他のドライバーたちの運転も乱暴だ。観光客を狙った客引きもすさまじい。私が「No, thank you」と言っても、資料を見せながら後ろについて来て、腕を掴んできた。道路脇では売店の女性が冷たい飲料を私に売ろうと、精一杯の笑顔を見せていた。

 海外取材では、見知らぬ人とでも、目が合って、心が通ったと直感できれば、必ず手を差し出し、握手を求める(私は日本では「空気を読んでいない」と排除されるのでやらないが)。ほとんどの場合、そこから会話が生まれる。この日も、空港道路脇で地べたに座っているマレー系の労働者数人に、英語で話しかけてみた。

 「日本から来ました。初めてのインドネシアです。貴国を理解し、好きになって、一人でも多くの日本人に真のインドネシアを伝えられるように頑張ります」

 そういって、手を差し出した。英語が通じたのかは定かではないが、相手も立ち上がって思いっきり私の手を握り返してきてくれた。ものすごい握力で手が痺れんばかりだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
われ日本海の橋とならん

人の波がぶつかりあい、時代のエネルギーが炸裂する。アジアでいちばん激しく、生命力があふれた国、中国。その中国で「もっとも有名な日本人」となった著者が、内側から見た人にしかわからないリアルタイムの中国を語ります。そこから見えてくるのは、中国、日本、世界の現在。日本は、そして日本人は、これからいったいどこへ向かえばいいのか。私たちの課題も見えてきます。

話題の記事

加藤嘉一 

1984年生まれ。静岡県函南町出身。山梨学院大学附属高等学校卒業後、2003年、北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。北京大学研究員、復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に渡米。ハーバード大学フェロー(2012~2014年)、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員(2014〜2015年)を務めたのち、現在は北京を拠点に研究・発信を続ける。米『ニューヨーク・タイムズ』中国語版コラムニスト。日本語での単著に、『中国民主化研究』『われ日本海の橋とならん』(以上、ダイヤモンド社)、『たった独りの外交録』(晶文社)、『脱・中国論』(日経BP社)などがある。

 


加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!」 思考停止のニッポンをぶった切る

 「だったら、お前がやれ!」
この言葉が意味すること、それは「対案の無い無責任な批判はするな」ということだ。もともと、この言葉は加藤嘉一氏の亡くなった父の口癖だったが、加藤氏は自らの行動規範として常に心に留めている。相手に対して意見するとき、必ず自らに問いかける。
そんな加藤氏が今、憂いているのは、日本社会にあまりにも無責任な批判、意見、論評が多いということだ。本連載では、日本社会に蔓延る無責任な論評を、加藤氏の視点で切り込み、加藤氏なりの対案や考え方を示す。

「加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!」 思考停止のニッポンをぶった切る」

⇒バックナンバー一覧