ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

オリンパス社長 笹 宏行
資本提携の考え方は終始一貫
“花婿”候補はまだ横一列

2012年8月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

新体制内定から今に至る約5カ月間、資本提携先として名乗りを上げる各社をよそに沈黙を守るオリンパスは今、何を考えているのか。

Photo by Toshiaki Usami

──落ち込んだ自己資本比率の回復が急務といわれて久しい。まだ資本政策は決まらないのか。

 まだ決まっていない。

──前提や条件が変化したのか。

 終始一貫している。当社の自己資本は比率、金額ともに低い。5年後に自己資本比率30%を目指しているが、稼ぎ頭の医療事業を持っていて、キャッシュは手元にある。時間はかかるが自力で達成できる範囲だ。ただ、多くのリスクに直面している今このときに、4.6%という自己資本比率でいいのかということだ。

 例えば為替リスク。1ユーロ=100円、1ドル=80円で計画を立てたが、すさまじい円高だ。海外売上高比率も高く、資産も海外に多いため影響は大きい。加えて訴訟リスクもある。キャッシュアウトを迫られるかもしれない。

 困るのは“今”だ。何らかの対策を考えざるを得ず、その手段を検討しているということだ。

──困るのは“今”なのに、なかなか決まらないのはなぜなのか。

 相手があることだからだ。普通は頭を下げて回って、いろいろな条件を出されるが、今回の資本提携先探しは、多くの会社から話をもらえている。極めて幸せ、かつ特異なケースだ。一つ一つ吟味と調整が必要で、時間はそれなりにかかってしまう。

──テルモが経営統合を提案するなど候補先は必死だが、会社の絞り込みもまだなのか。

 まだ横一列。ここにしますという話はしていない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧