ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いますぐに、住宅ローンを借り換えしなさい!
【第3回】 2012年8月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
浅井秀一 [ファイナンシャル・プランナー(CFP)]

「10年固定」と「全期間固定金利型」、
どちらで借り換えるべきか?

1
nextpage

8月の住宅ローン金利は、全期間固定金利型と固定金利選択型ローン(10年固定)などが引き下げられ、史上最低水準になった。住宅ローン金利が史上最低水準になったいま、今後借りている住宅ローンをどうすべきか、かつて「繰り上げ返済・借り換えブーム」の仕掛け人となった、ファイナンシャル・プランナー・浅井秀一が、ズバリ解説します。今回は、「10年固定」と「全期間固定金利型」、どちらを選ぶべきか考えます。

「10年固定」も、ついに過去最低水準に!

浅井秀一(あさい・しゅういち) [ファイナンシャル・プランナー(CFP)] 1964年、愛知県生まれ。福井県高浜町育ち。早稲田大学第一文学部卒業。1988年に学生では初の日本FP協会の会員となる。現在は、主に個人のプランニング業務を中心とする、(有)ストックアンドフローの代表取締役として活躍中。 著書には、借り換え・繰り上げ返済ブームをおこしベストセラーとなった『住宅ローンは、いま借り換え・繰り上げ返済しなさい!』(ダイヤモンド社)、『図解わかる住宅ローン〈2012‐2013年版〉』(新星出版社)、『佐藤江梨子と浅井秀一のいちばんやさしいマネープラン』(日本経済新聞社)などがある。 撮影:安海関二

  前回(第2回目)に予想したように、今月(2012年8月実行)の住宅ローン金利は、全期間固定金利型と固定金利選択型ローン(10年固定)などが引き下げられました
  このうち、全期間固定金利型では、フラット35が3ヵ月連続で過去最低金利を更新。そして、民間の「10年固定」も、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、りそな銀行などが1.35%の優遇金利(保証料を含めた実質金利は1.55%)となり、過去最低水準となっています。
  変動金利型の最優遇金利(0.775%~0.875%)も、既に最低水準が続いていますので、住宅ローンの主要な金利タイプ(全期間固定金利型、10年固定、変動金利型)のすべてが、過去最低の水準となったわけです。

 ただし、7月下旬の長期金利は若干上昇気味となっていますので、最低金利を更新するという状況は、いったんここで終了する可能性が高いものと予想します。

 この8月は、「全期間固定金利型」と「10年固定」での借り換えを検討している人にとっては、まさに最大のチャンスといえそうです。

 今回は、この2つのローンのどちらを利用したほうがよいかについて、筆者独自の「損得分岐点レート」を使用した比較方法の概要をお伝えします。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


浅井秀一(あさいしゅういち) [ファイナンシャル・プランナー(CFP)]

1964年、愛知県生まれ。福井県高浜町育ち。早稲田大学第一文学部卒業。1988年に学生では初の日本FP協会の会員となる。現在は、主に個人のプランニング業務を中心とする、(有)ストックアンドフローの代表取締役として活躍中。 著書には、借り換え・繰り上げ返済ブームをおこしベストセラーとなった『住宅ローンは、いま借り換え・繰り上げ返済しなさい!』(ダイヤモンド社)、『図解わかる住宅ローン〈2012‐2013年版〉』(新星出版社)、『佐藤江梨子と浅井秀一のいちばんやさしいマネープラン』(日本経済新聞社)などがある。


いますぐに、住宅ローンを借り換えしなさい!

平成24年7月、住宅ローン金利が史上最低基準になりました。固定金利どうしの場合、いま返済している住宅ローンより実質金利が「0.3%程度」以上、低ければ総額100万円以上の借り換え効果が確定するでしょう。「最大の借り換えチャンス」が、いまやって来ました!

「いますぐに、住宅ローンを借り換えしなさい!」

⇒バックナンバー一覧