ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
リーマンショックから1年 世界経済の激流をグラフで可視化する

リーマン破綻で揺れた政府と市場の混乱
世界経済危機はこうして幕を開けた

フィルモア・アドバイザリー
【第4回】 2009年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2008年9月15日、ベアー・スターンズ破綻から約6ヵ月後、リーマン・ブラザーズが連邦破産法第11条の適用を申請しました。1850年創業の老舗企業の、その150年以上にも及ぶ歴史の幕引きのタイミングは、何ともあっけなく訪れたのです。

たった5日間で決まった、
150年以上の歴史の幕引き

 2008年3月に、全米第5位の投資銀行であったベアー・スターンズが実質的に破綻をしたのち、次に破綻を懸念されたのが同第4位のリーマン・ブラザーズでした。当時、リーマン・ブラザーズは、サブプライム・ローンなどの住宅ローンを担保とする証券発行で中心的存在であり、不動産市場が急落した後も事業の拡大を続けていたため、多額の評価損が懸念されていたのです。

 市場の懸念は、短期間に一気に膨らみます。

 同社は、2008年第1四半期に上場来はじめての損失を計上しましたが、第2四半期にも40億ドル近くの多額の損失を計上したのです。第1四半期時点で 32倍という高いレバレッジをかけていたこともあり、債務超過すら疑われ始め、早急に支援が必要な状態となっていきました。

【出典:会社資料/特集サイトへは左下の「vizoo」ロゴをクリック!】

 そして、9月のたった5日間の出来事の中で、リーマン・ブラザーズの運命は決められました。

 9月10日、何度も買収・出資の提案をしていた韓国産業銀行が、価格で折り合いがつかないことを理由に、リーマン・ブラザーズへの出資断念を発表しました。その後、リーマン・ブラザーズの株価は45%の暴落を記録します。

 9月14日、バークレイズがリーマン・ブラザーズの買収協議から撤退、そのわずか3時間後にバンク・オブ・アメリカも手を引きました。両社ともに、リーマンの抱えているリスク資産に対して、ベアー・スターンズの時のように政府からの保証が得られなかったことを理由として挙げています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


リーマンショックから1年 世界経済の激流をグラフで可視化する

2008年9月15日のリーマン・ブラザーズ破綻から1年。それを象徴的な出来事に、サブプライム問題に端を発していた金融危機が、世界的な大不況という形で一気に深刻化した。この「リーマン・ショック」について、さらにそこから1年間の出来事、変化について、独立系リサーチ会社フィルモア・アドバイザリーが、グラフと共に可視化する。

「リーマンショックから1年 世界経済の激流をグラフで可視化する」

⇒バックナンバー一覧