ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イケテルカノジョ養成講座

もうひとつの土曜日

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第15回】 2012年8月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

苦しんだあとでは、なおも苦しまなければならない。愛したあとでは、絶えず愛し続けなければならない――、アルフレッド・ド・ミュッセの『八月の夜』より
 

 お、どうした。ダイエットでもやっているのか――?

 最初にこんな軽口をきいたことを、私はひどく後悔していた。彼女の痩せ方はダイエットの成果なんてものじゃなく、憔悴がそのままこけた頬にあらわれていた。

 彼女に会うのは久しぶりだった。

 私は、彼女に最後に会ったのがいつだったかに思いを馳せる。半年前か……、いや、もっとになるかと。

 土曜日の昼近い朝、不意の電話で起こされた。ねえ、元気。こんな時間まで寝てたってことは、どうせこの週末もすることがないんでしょ。お茶でも飲まない? あたしも暇なの――、口調は陽気だった。

 私は、彼女の言葉を額面どおりに受け止め、それからシャワーを浴び、無精髭を剃って、指定された元町のカフェに向かった。それがお昼ちょっと過ぎ。荻窪から横浜までは、軽く二時間はかかる。

 着いたときには、もうアフタヌーンティーの時間になっていた。彼女は先に来ていて、ベルガモットティーを飲んでいる。コーヒー党の私とは逆で、彼女はいつも紅茶だった。

 「まだあったのか、この店。とっくにつぶれたかと思ってたぞ」
 「あたしはときどき来ていたわよ。あなたが勝手に来なくなっただけでしょ」
 「あの口うるせえマスターがいないじゃないか、死んだか」
 「お元気よ。相変わらず怠け者で、気が向いたときしかカウンターにいないみたい」

 学生時代に通い詰めた店だった。私と、彼女と、そしてあいつと。

 久しぶりに来た店で久しぶりに彼女と会ったとき、私にはおどけることしかできなかった。何なんだ、お前――、という言葉が思わず口をついて出そうになる。何なんだお前、そのやつれた顔は。

 「どうした、ダイエットでもやっているのか」
 「ダイエットなんかしてないわよ。夏バテかしら」

 嘘つけ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


イケテルカノジョ養成講座

きみは優秀なビジネスマンだ。周囲の信頼は厚く、友だちも多い。そして仲間にも頼られる。が、しかし……、恋人だけがいない。あなたはとても魅力的な女性だ。仕事も頑張って、自分磨きも怠らない。男友だちだってたくさんいるのに……、何故か恋人ができない。いつも元気で、前向きで、どんなことにも興味を持って挑戦する勇気があるのに、恋にだけは臆してしまう。そして、自信をなくしたて落ち込んだり。そんな男女がたくさんいる。イケテルカノジョを恋人にしよう。イケテルカノジョになって、素敵な恋をしよう。ノンフィクションライター降旗学が送る恋愛下手な人たちへの応援コラム。

「イケテルカノジョ養成講座」

⇒バックナンバー一覧