ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
手打ち蕎麦屋のオーラを味わう

神奈川県秦野「くりはら」――ゆっくり流れる「時」の中、自然体で打つ蕎麦は格別

鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]
【第3回】 2009年5月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ここなら、どなたを誘っても文句が出ないでしょう。時代の先端を走っている、「特上・手打ち蕎麦屋」をたっぷりとお見せします。

 難解な現代の空気を読みきった亭主たちのストラテジーと店づくり、あなたがまだ体験したことのない蕎麦と蕎麦料理。人を呼ぶ、そのオーラの暖簾をくぐってみませんか。

 自然を慈しむ人には、自然もご褒美をくれるのです。生まれた土地を愛し、店主自ら畑に入る蕎麦屋が丹沢の緑深い山間にあります。

 現代のスピードに反比例するような、ゆったりとした時間が、ここには流れています。自然は、大らかなオーラを「くりはら」に与えたようです。

(1)店のオーラ
自然から大きな力をもらう

 僕が栗原さんと会ったのは、ある蕎麦の会でした。蕎麦屋さんと蕎麦好きが7人ほど集まって、千葉の名店の蕎麦を手繰(たぐ)ろう、というものでした。「くりはら」の亭主、栗原さんはその中で比較的物静かで、しっかり地面をつかまえて歩いているような、どっしりとした人に思えました。

 その時の皆さんの話で、栗原さんの店は風雅で佇まいがよいと聞き、いつか行ってみたいと思っていました。

 初めて訪ねる「くりはら」は、美しい山に向かう、川沿いの道並びにありました。古民家を使った建物で、蕎麦会で皆さんが誉め称えていた通り、壮大でどこか懐かしい店構えでした。

 「あるものをなるべく生かしたかったのです」

 栗原さんが語りだしました。

 店は祖父母が住んでおられた家屋を、余り手を入れず、古いところを生かしながら改造されたそうです。

侘びのある渡りは、ここまで来たかいがあったと思う景観。庭の手入れは、酒屋を営むお父さんが、毎日のように手入れします。

 「開店するまでに2年ほど掛けました」

 その栗原さんの言葉に、正直、僕は驚きました。

 開店までの間、栗原さんは4店ほど蕎麦修業や見習いを経験しつつ、同時に店舗改装を自ら行なっていたとのこと。蕎麦づくりの技術を高めながら、2年間じっくりと蕎麦屋を開く心構えを蓄えていたようです。

 随分、気が長いように思えるのですが、それが、栗原さんのペースであり、生き方なのでしょう。

 「蕎麦畑から、人生の豊かさを学んだ気がします」

 栗原さんが、蕎麦に目覚めるまでの経緯を語ってくれました。

 海外放浪の旅を通して、日本の良さに改めて気付き、さらには体によい農作物や、生活を豊かにしてくれる陶芸などに心惹かれていったそうです。

 休耕田で黒米を育て、何かを模索していた頃、ふと、蕎麦教室に通い、自分の打った蕎麦の美味しさに、心を奪われました。ついにはその畑で蕎麦の実を撒き、初めて収穫した粉で蕎麦を打ち、何かが弾けたのだそうです。

 祖父母の空き古民家、休耕田、黒米、蕎麦……。

 栗原さんの心のなかで、パズルが1ミリの狂いもなく組み合わさって、蕎麦屋への熱い思いが膨らみました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
鎌氏の著書「こだわり蕎麦屋の始め方」好評発売中!

脱サラしてわずか1年で、激戦区の神田で人気店をつくりあげた著者が教える「ワンランク上の蕎麦屋の始め方」。開業準備から、極上店へ育て上げる秘訣まで、店づくりのすべてを惜しみなく公開。1890円(税込)

話題の記事

鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]

大手広告代理店で営業局長やプロモーション局長を歴任後、東京・神田須田町で手打ち蕎麦屋「夢八」を開店する(現在は閉店)。現在は企業経営コンサルタント、蕎麦コンサルタントとして活躍中。著書に『こだわり蕎麦屋の始め方』(ダイヤモンド社)がある。
◎ブログ:蕎麦の散歩道


手打ち蕎麦屋のオーラを味わう

ここなら誰を誘っても文句が出ない、時代の先端を走る「特上・手打ち蕎麦屋」を紹介。こだわり亭主たちの店づくり、あなたがまだ体験したことのない蕎麦と蕎麦料理。その店独特の「オーラ」の味わい方教えます。

「手打ち蕎麦屋のオーラを味わう」

⇒バックナンバー一覧