ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

豪ドル、ユーロ下落で浮上も円から見れば「崖の上のドル」

週刊ダイヤモンド編集部
2008年8月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 商品相場がようやく調整され、豪ドルやNZドルなど商品輸出国通貨が反落した。次いで、インフレ懸念がやや後退し、景気・金利見通しが下方修正されたユーロなど欧州通貨が下落。当欄で数ヵ月前から警報を発してきた展開だ。

 ただし円はドルに対してまだ安い。「崖の上の」豪ドルやユーロは下落余地が大きい。これらが落ちるとドルは相対的に浮上し、つられて円も110円台に達した。しかしこのドル高は米国の情勢改善による自立反発ではない。円から見るとドルもまだ崖の縁にいる。

いずれドルは脆弱化、円高へ

 商品調整後の情勢を、金利・株価・為替の相互作用から整理しよう。米国経済の底入れは早くても来年半ばだろう。米景気下降局面では、金利と為替の動向がきれいに相関しやすい。図1で市場が織り込む1年後の日米政策金利格差とドル/円は密接に連動する。

 日本は超低金利で変動余地が乏しいため、この予想金利格差の変化の大半は米国金利からのものだ。図2は米国の予想政策金利と実際の政策金利。米国で景気見通しが悪化し、金利が低下するほど、ドル安・円高になっていく。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧