新興国投資 2012年8月10日

南海の楽園パプア・ニューギニアの
意外すぎる潜在的経済成長力と投資の可能性木村昭二のどんと来い! フロンティア投資

青い空、青い海、真っ白な砂浜。森には野生のゴクラクチョウが舞い、海には色鮮やかな魚の群が踊っている――南海の楽園というイメージがある南太平洋の国・パプアニューギニアは、知る人ぞ知る経済成長国。昨年のGDP成長率は8.9%で世界第11位。ポートモレスビー証券取引所(POMSoX)の上場全21銘柄の時価総額は約510億米ドルで、話題のベトナムなんかよりずっと大きいのです。しかも、2014年には「あること」により、GDPが一気に3倍にも跳ね上がると言われています。これは聞き捨てならない話! 海外投資の第一人者・木村昭二は、現地へ飛ぶか!?

昨年度GDP成長率は世界11位
2014年に大ブレイクするかも!!

 パプアニューギニアは南太平洋にあるニューギニア島の東半分と、その周辺の島々からなる国です(ちなみに西半分はインドネシア)。太平洋戦争では日本と連合国軍が激戦を繰り広げた地として知られ、また珊瑚礁に囲まれた海や火山郡、壮大な川や滝、熱帯雨林に育まれた大自然の宝庫として、毎年多くの観光客が訪れています。

パプアニューギニアの位置関係を確認。地理的にも歴史的にも、オーストラリアの影響を強く受けています。日本からはニューギニア航空が毎週土曜日に成田発の直行便を運行。首都ポートモレスビーまでの所要時間は約6時間半。

 なんとなく、南国特有のどかな風景が目に浮かびますが、実はこの国、オセアニア随一の経済成長国でもあるのです。GDP成長率の推移を見れば、一目瞭然。2009年6.0%>2010年7.4%>2011年8.9%と、着実に成長を遂げています。昨年度の経済成長率は世界第11位です

 背景には、この国に埋まっている豊富な鉱物資源があります。火成岩から産出される金・銀・銅に加え、1992年から採掘が開始された原油が経済を大きく押し上げました(パプアニューギニアは太平洋島嶼地域で唯一のAPEC加盟国で、ASEANオブザーバー国でもあります)。

 経済成長率は今年はやや鈍化して7.5%、来年はさら4.5%まで落ち込む見通しですが、そんなこと誰も気にしていません。2014年にはあることにより、この国の経済が大ブレイクすることが確実視されているからです。GDPはイッキに現在の2倍、いや3倍に跳ね上がるとも言われています

 それは、同国初の「液化天然ガス(LNG)」の本格生産と輸出の開始。米エクソンモービルやJX日鉱日石開発が中心となったこのプロジェクトは、千代田化工建設6366)がプラントを建造し、東京電力や大阪ガスなどが20年にわたって購入する長期購入契約を結んでいます。

 であるならば、一時的に経済成長が停滞する今年から来年にかけては、絶好の投資チャンスなのではないか!? そう考えて、さっそく調査を開始しました。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。