タイ 2012年8月20日

「コンドミニアムをタイ人名義で買っても大丈夫ですか?」タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく在タイ日本人からの質問に答えます!

読者からの相談【1】「コンドミニアムをタイ人名義で買っても大丈夫ですか?」
ブンさんに質問します。長年賃貸のアパート暮らしなのですが、先日、会社のタイ人スタッフが、銀行から金を借りてオンヌット(バンコク中心部からすこし東に離れた地域)にコンドー(編注:コンドミニアムのこと)を買っちゃいました。
なんでも最初の年は返済する必要がなく、翌年からの返済は月に1万バーツほど。こぎれいで大きなプールまでついているのです。「返済できなくなったらコンドーから出てゆけばいいだけさ」と余裕しゃくしゃくです。
そういう話を聞いて毎月のアパート代の支払いがバカバカしく思えてきました。自分もひとつ、と思うのですが、ご想像どおり、まとまったお金はありません。
また、知り合いの日本人で銀行からお金を借 りてコンドーを買った人から聞いたのですが、銀行は全額貸してくれなかったそうで、購入時に大変な思いをしたようです。
ひとつタイ人の名義を借りて数年間余裕で払い続け、完済したらコンドーの名義を自分のものにしたいと思います。
さて、そのときの名義を借りていたタイ人と私の売買金額はいくらでもよいのでしょうか?
名義を借りているものの、完済したのは私です。極端 な話、10万バーツとか勝手に値段をつけて売買(=名義変更)し、晴れて自分のものとしていいのでしょうか? 税金のことなども合わせて教えてくださいブンさ~ん!
(コンちゃん)

 

【ブンからの回答】

外国人が銀行から借りられる?

 外国人のコンドミニアムの購入には条件があり、海外送金による一括購入が基本ですが、労働許可証があれば分割でもよいようです。ただし外国人が銀行からお金を借りるにはタイ人が借りるよりかなり条件が悪いと聞いています。

落とし穴は違約金

  落とし穴もあります。売買契約をしてからでなければ銀行からお金を借りることができないため、500万バーツの物件であっても銀行が「この物件はせいぜい300万バーツ」と査定するとそれを基準とした額しか貸してくれません。売買契約を結んでいるため、それを破棄すると今度は数百万バーツの違約金をコンドミニアム側に払 わなければならないこともあります。不足分を駆けずり回って用立てる必要に迫られるかもしれませんね。

名義借り

 そこで「タイ人の名義を借りる」案が出るのですが、完済した後に名義を変更する場合、各県の土地局が判断するそのときの物件の値段、または売買金額のいずれか高いほうを基準に2%の名義変更料や0.5%の印紙代がかかります。

 さらに5年以内の転売ですと3.3%の税金がかります。節税の観点からいうと、そこに住み続けるならタイ人の名義のままで、そうじゃないなら名義を借りているタイ人に売ってもらい、現金を手にしたほうがいいのではないでしょうか。

 言うまでもありませんが、はじめから外国人を騙す目的で名義を貸すタイ人もいますので十分お気をつけください。 日本人が日本人を騙す事件もあります。

※1バーツ=約2.5円(2012年8月14日時点)

タイの中流層向け分譲コンドミニアム。【撮影/「DACO」編集部】

 

プロモーション内容例「リビングと1寝室の部屋で各種保険料を含んだ頭金約7万円と初年度無料、翌年度から月々の返済約2万2000円(毎年返済額は上昇するが最高月額3万円ほど)×30年」。コンドミニアム乱立気味のため、大胆な販促を展開しているところが多い。【撮影/「DACO」編集部】

 

(文・撮影/『DACO』編集部)

『DACO』とは?:バンコクで月2回発行される無料の情報誌。発行人の沼舘幹夫編集長は25年近く前に日本の通信社からニュースを仕入れ、在タイ日本人に伝えるために駐在員として来タイ。「ブンに訊け!」は、彼と編集部のタイ人女性経理スタッフ、ブンが、在タイ日本人から寄せられるタイでの困りごとを(誌面上で)あっけなく解決してしまう人気コラム。
 
 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。