ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今、こんな旅がしてみたい!

【パラオ】ロック・アイランド
生命が息づく海に招かれて、
クラゲと泳ぐ癒しの時間。
ここはノンダイバーにとっても奇跡の楽園

「今、こんな旅がしてみたい!」編集部
【第7回】 2012年8月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

とろけるような
南の島の空気に酔う

 太平洋に浮かぶ楽園、パラオをご存知だろうか。もしかしたらダイビングの聖地というイメージがあるかもしれない。実際、パラオには世界中のダイバーが憧れるダイビングスポットが数多くある。しかし今、ダイビングだけじゃないパラオの魅力を味わいに、ぜひ訪れてみてほしい。

50の島々からなるロック・アイランド
Photo:Grupo Pico

 パラオは500以上の大小の島々からなる、赤道に近い国。人が住んでいるのはそのうち9島で、約2万の人口の7割ほどが生活の中心地であるコロール島に暮らしている。コロール島にある繁華街は、観光客も散策しやすい場所だ。

 スーパーや学校、ホテルやレストランが並ぶ道を歩けば、常夏の島国らしいのんびりとした光景に出合える。日本統治時代の名残で、今も日本語を話せるお年寄りが多く、「ダイジョーブ」「ベントー」など、日本語がそのままパラオ語となった言葉もあるのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


今、こんな旅がしてみたい!

長年にわたって世界を旅する魅力を伝えつづけている『地球の歩き方』が、すべての海外旅行ファンに向け、毎年1回12月に発行している“旅先選び”のための雑誌が『今、こんな旅がしてみたい!』です。特にこの「地球の歩き方」の旅30は、“来年行くべきエリア”を世界中から30ヵ所厳選して掲載しています。「海外旅行に行きたい!」という気持ちはあるのだけれどどこに行ったらいいか分からない、という悩みを抱えている旅人の皆さんに、旅30の中から毎回1ヵ所をピックアップしてご紹介していきます。

「今、こんな旅がしてみたい!」

⇒バックナンバー一覧