ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
遠山周平

■第11回 Sep.6.2012 遠山周平

強く優しくを理想の男性像とする、
エシカルドレッシングの薦め

著者・コラム紹介
1
nextpage

 小体だけれど味のある居酒屋、頑固だけれど腕の良い床屋、顔はそこそこだけれど人柄の良い女将が切り盛りするランチハウスなど、デキるビジネスマンはとっておきの店を馴染みにし、それを使いこなしているものだ。

 そんな中に、今はセンスと技術の高い『洋服の直し屋』を加えるべきだ、と思う。

 どこでもいい、上等な店構えの洋服屋へ入ったとしよう。そこであなたはスーツを選ぶ。今は優秀な既製服が増えたから、優れたスーツが簡単に見つかるはずだ。フィット感は今まで着てきた服と比べても遜色がない。素材も今季のトレンドを押さえている。主観的に見て、似合うと、あなたは判断。

 念のため店員に聞くと「お似合いです。これほどピッタリと着こなす方はなかなかいらっしゃいません」と、笑顔で答えてくれた。

サルトの檀正也社長(左)に案内され、工房を見学する筆者。

 ではこのスーツを洋服の補正と直しで、今評判の『SARTO』へ持ち込んだらどうなるだろう。まずベテランのフィッターがスーツを着たあなたを観察する。特に肩から胸まわり、首の後ろから背中にかけては入念にチェックされるはずだ。そこで出された診断は、あなたの体型的な問題点を客観的な目線で分析したものだけに、耳が痛い話もあるはずだ。

 しかし真摯に語るベテランフィッターの話に耳を傾けるうちに、あなたは引き込まれてしまう。というのも今まで「どこか違う」と感じていたけれど、言葉にできずにあきらめていた小さな不満が、ベテランフィッターの言葉によって、素人ながらに解明できたからだ。

1
nextpage

DOLトップへ


遠山周平 [服飾評論家]

1951年、東京生まれ。雑誌編集者、新聞記者を経て服飾評論家に。豊富な経験と知識を元に、“自ら買って、試して、書く”を信条とする。著書に『洒脱自在 おとなとしてシックに服とつきあう本』(中央公論新社)など。趣味の裁縫技術を生かし、捨てないお洒落生活を実践中。

 


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧