ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

米国でビッグスリー級の在庫!
“最後”に残ったホンダの憂鬱

週刊ダイヤモンド編集部
2009年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「傷が浅いと思ったホンダでさえもこのありさま。来期を考えると恐ろしい」と、ある自動車部品メーカー首脳はため息を漏らす。

 このありさまとは何か。言うまでもない。2月販売実績で41%減という、いまだに底が見えない米国市場だ。ホンダの2月の米国販売も、ゼネラル・モーターズ(GM)の前年同月比53%減はもとより、トヨタ自動車の同39.8%減に比べても軽微だが、同38%減とほぼ市場と同規模で4割近く減少(いずれも米オートデータによる)。特に、冒頭の部品メーカー首脳が驚きをもって指摘するのが、主力車種の一つ「シビック」の在庫日数だ。

 周知のとおり、米国でシビックといえば、売れ筋車種の代表格。それなのに、2月1日時点のシビックの在庫日数はなんと152日。適正水準とされる50~60日の約3倍。2008年1月1日時点の75日に比べても2倍にふくれ上がっている。「本来のホンダなら、せいぜい40~50日。一時期はずっと30~40日程度だった」(業界筋)。それが「破綻寸前のGMやクライスラー並みの日数」(アナリスト)なのである。

 主力車種の在庫急増に伴い、米国でのホンダの在庫日数も125日と拡大。トヨタ(91日)、日産自動車(85日)はおろか、低迷にあえぐ米ビッグスリーのフォード・モーター(120日)をも上回る。小型車「フィット」も、08年1月1日時点の57日から09年2月1日時点では104日に増えた。少なくとも在庫調整は6月までかかる見通しだ。

 なぜ、こんなに在庫が積み上がってしまったのか。

 そもそもホンダは、燃費性能に優れた中小型車が主体。昨年夏までのガソリン価格高騰の折、ライバル各社が苦戦するなかでも、着実に販売台数を増やした。トヨタ、日産は今期の予想営業損益が赤字なのに、ホンダは黒字。唯一の“勝ち組”との声もあった。

 ところが、数ヵ月遅れで状況は一変。昨年9月以降、シビックの売り上げは前年同月割れから戻らず、10月に28%も販売増だったフィットでさえも、11月には8%の減少に転じ、その後もほぼ横ばい状態が続いている。

 にもかかわらず、日本からの輸出は続き、米国輸入分のシビックは1月1日時点で201日、2月1日時点では266日まで拡大した。加えて、昨年10月には、米インディアナ州の工場が稼働し、シビックの生産を開始したため、さらに在庫が増えた格好だ。あるホンダ首脳は「需要を読み違えたのは確か」と本音を漏らす。要するに、思った以上には売れず、供給過剰となったのだ。

 もっとも、今回の場合、「結局、ホンダも例外ではなかった」(別のアナリスト)だけにほかならない。まさに“勝ち組”不在、業界軒並み壊滅という状況が事態の深刻さを浮き彫りにしている。

(『週刊ダイヤモンド』編集部  山本猛嗣)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧