ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
すぐに役立つビジネス文書実践講座
【第6回】 2008年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
中川路亜紀 [コミュニケーション・ファクトリー代表]

尊敬語・謙譲語を正しくつかおう

previous page
2
nextpage

●聞く

【尊敬語】お聞きになる

【謙譲語】拝聴する、うかがう、承る

●もらう、受け取る

【尊敬語】お受け取りになる、お納めになる

【謙譲語】頂戴する、賜わる、いただく、拝受する

その場に合った表現を選ぼう

 たとえば、「これを見てほしい」ということを敬語で伝えたいとき、話し言葉や日常的な手紙文なら「こちらをご覧になってください」となる。さらに手紙文で特に目上の人や大切な取引先に思いっきりていねいに頼みたいというときは、

 「同封の資料をご高覧いただきたくお願い申し上げます。」

 などと表現できる。また、どんなふうに見てほしいのかによって、

 「ご高覧の上、ご検討くださいますようお願い申し上げます。」

 「お目通しいただきたくお願い申し上げます。」

 「お確かめください。」(ご確認ください。)

 「ご笑覧ください。」(大したものではありませんが、という謙遜の気持ちを表す言い方)

 といった表現もできる。同じことでもいろいろな言い方があるので、どうもなじまないと思ったら別の表現を考えてみよう。意味やニュアンスがその場にぴったり合う表現を選ぶことが必要だ。

previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーション
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
農業で成功する人 うまくいかない人

農業で成功する人 うまくいかない人

澤浦彰治 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2015年5月

<内容紹介>
大企業が参入してもうまくいかない農業経営。自然を相手にする農業は、一般的なビジネスとは考え方や取り組み方が違ってくる。しかし、旧来の農業経営では行き詰る時代に来ている。「農業で成功している人の特徴」「うまくいかない人の共通点」を知ることで、環境変化に対応できる「強い農業経営」を明らかにする。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、5/10~5/16)


知っておきたい価値ある情報 ダイヤモンド・オンラインplus


中川路亜紀 [コミュニケーション・ファクトリー代表]

1956年神戸市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、コミュニケーション・ファクトリーを設立。著書は『気のきいた手紙が書ける本』、『ビジネス文書の書き方』、『[新版]これでカンペキ! 誰でも書けるビジネス文書』『そのまま使える!ビジネスマナー・文書』など


すぐに役立つビジネス文書実践講座

日頃、必要に迫られて書く機会の多いビジネス文書。しかし苦手と感じる人もまた多い。豊富な書式を交えながら誰でもすぐに書けるコツを紹介します。

「すぐに役立つビジネス文書実践講座」

⇒バックナンバー一覧